sponsered link

DC 年金はどんな制度 うまく運用していくには

日本の年金制度 改革をして行かないと立ち行かなくなってきています。
いつ破綻するのか? というか

実質破綻に近い状態のようですが、国の根幹に関わる部分ですから年金受取る
全くなくなることも考えがたいことです。
ですから、少しでも将来有利になるように考えて行かなければいけませんね。

年金の制度もいろいろ移り変わっていますので
人任せではなくきちんと知識を持って対応して行きたいです。

DCの年金に関して理解するためにまずは基本的なことから、簡単に説明していきます。

年金の基本など

年金は言うまでもなく、高齢となって働くことが困難になるので
その時の生活をしていくための資金を供給するもの。

それを、制度として
「働いてお金を稼ぐことがで出来るうちに
払って積み立てておいてください。」

そしたら、あなたが高齢になって収入がなくなって来た時に
お金を出してあげますよということですね。

ただ実際には、払ってもらう掛け金のみで回っているのではなく
足りない分は税金も投入されているような状況ですね。

ですから、本当に国民全体で支えている制度とも考えられますね。

年金の構造

年金は一番の基本になっているのが、国民年金
この部分は、基本的に共通で、すべての日本国民が基本的に加入するもの。

それに負荷される(上乗せされる)部分が、人によって変わってきます

年金構造

・付加年金
・国民年金基金
・確定拠出年金(個人型)

これら左側の3つは、主に自営業などの方
もしくは企業年金がないサラリーマンの方が利用するもの。
利用するかどうかは、任意になります。

サラリーマンの人は、厚生年金
公務員の人は、共済年金

ということになってきます。

さらには、一般の保険会社が販売している個人年金を行なっている
3階建になっているひともいますね。

2つの年金「DB」と「DC」

年金でこのような言葉聞いたことないでしょうか

”DB” と  ”DC”

正直言って、英語の頭文字ですからすごくイメージしにくいですね。
日本語に直せせば、漢字の意味などからわかりやすくなります。

DB:Defined Benefit ⇒ 確定給付年金
給付金額が決まっている

つまり、もらえる年金の額は、年金の掛け金を支払った
段階で決まっている=給付が確定 ということです。

DC:Defined Contribution ⇒確定拠出年金
拠出額(掛け金)が決まっていて、給付は決まらない

年金として積み立てる金額は決まっていますが、
年金としてもらうことができる金額は運用の成績次第。

年金制度は基本的に、このどちらかに当てはまるはずです。
日本では、かつては確定給付年金(DB)の制度がほとんどでした。

厚生年金はDC制度へ

年金というのは、掛け金を集めて
そのお金を、ある予定利率を目標に運用してお金を増やし
将来の給付に備えていくことが重要です。

日本の成長が曲がり角を迎え、世界的な金融危機が起こり
思った利率で運用できなくなり
足りない分は、運用をしているところが補填を迫られます。

いやゆる逆ザヤ「年金のお金が将来払う分より下回る」
と呼ばれる状態に陥るわけです。

それを補うには
・国民年金なら税金から
・厚生年金なら企業から

とくに企業の場合は、厚生年金へ補填することになると
業績に大きく影響することになりかねません。

経営する側にとって、大きなおもしとなります。
これは、年金の確定給付型「DB」の場合に起こることです。

多くの企業は、金融会社ではありませんので
資産運用の それも巨額な資金の運用はプロではありません。
それに対して責任を取る事自体が、もともとオカシナ話なのです。

株主への合理的な説明もできないですし。
年金の補填で業績が悪くなれば、社員であるあなたへの
給料にも影響が出ますし、企業の存続問題にもなりかねません。

メリットは、労使どちらにもあると思います。

よって厚生年金の多くが、確定拠出型 DC制度へ移行を行なっています。

DC 年金の詳細と運用のコツ

確定拠出ですから、年金として積み立てる金額は決まっています

厚生年金だと、掛け金は 従業員と企業は それぞれ半分を負担します。
これは従来と変わりません。

その運用の仕方を、加入者である あなたが決める形になります。

ようするに
「年金の積み立てるお金(出すお金)は決まっていて
年金として将来受け取る金額は、あなたが選んだ
運用の成績によって変わります。」

ただ運用の仕方は、完全に自由というわけではありません。
あくまで年金ですから、ギャンブルのようなものへイチかバチかで
掛けるというのは相応しくないのはわかると思います。

通常、金融機関と組んで幾つかの運用をするファンドが決められています。

その中で、リスクを高めにするのか
    元本保証のある保守的なものにするのか
       バランスよく組み合わせるのか

投資先と割合を自分で、決めて自己責任で運用をします。

もちろん、途中で運用方法を見直すことはできます。

どのように運用するのかは、あなたの個別の事情でも変わってくるので
一概にはどうするのがいいのか難しいのですが

運用の3つのポイント

【point1】
時間を見方につけることを意識する

一瞬 一瞬で運用成績のいい商品があるはずです。
それを後追いで追い始めると、うまく行くことは少ないです。

期待平均と言って
「長い年月になりますので、そのファンドが
”好調なとき” ”不調なとき”があって、
平均すればある程度のところに収まってくるはずです。」

あなたのニーズに応じて年金の資金の運用を変えることも必要ですが
多少長い目で見ていくことも必要です。

【point2】
複雑な仕組みの商品は避ける。

選ぶファンドの中には、いろんな投資先を組み合わせて
一見リスクが低そうな感じに見せているものがありますが

運用する側も難しいし、投資する側からは何がよく 何が悪いか理解出来ません。

資産配分をするのであれば、
自分でシンプルな商品を組み合わせるほうが合理的です。
それは ポイント3 へもつながります。

【point3】
信託報酬の低いものを選ぶ

簡単にいえば、ファンドを運用していくところが持っていく手数料
一見、数字は小さいですが、長い目で見ると馬鹿にできない金額になります。
極力引くものを選んで投資に回る資金が多くなるようにしましょう。

ポイント2からも来るのですが、複雑な商品は概して手数料が高いことが多いです。

 

どうでしょうか、DC 年金に関して参考になることありましたでしょうか。
制度の移り変わりの流れは、あなた や 私 ではどうしようもないので
うまく活用して、老後の資金少しでも増やしたいですね。

最近では、FX(外貨取引)を活用してうまく資産形成している人も増えていますね。




為替取引を始めるなら≪DMM FX≫


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年8月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:社会

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ