sponsered link

引越しした時の納税地変更の手続き

引越しした時に、住所変更などしますよね。

・住民票
・郵便局の届け
などなどいっぱいあるわけですね。

忘れがちなのが、納税地の変更

全員に必要ではないのですが、
個々で様々な理由があって 所得税や消費税を確定申告等で毎年収めている人も多いかと思います。

確定申告の時に、引越しが決まっていたので税務署の人に聞てみたのです。
なぜなら、毎年 確定申告のお知らせなどが来るからです。

サラリーマンで、会社が全て納税の手続きをしてくれている人には 全く不必要なものになります。
とっても分かりにくかったので 実際に手続きしたものを例として、紹介します。

※実体験を元にしていますので、100%正しいと保証するところでないことはご了承くださいね。

所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書の書き方

税務署の人に言われたのが、 「所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書」 を
この税務署と引越し先の税務署へ出してくださいと
同じ書式を4枚 渡されました。
(2通づつ出してねということですね。)

住民票を変更すれば、自動的に変わってくれればいいのですが やはり、個人情報ですから
お役所間といっても勝手にデータのやりとりしてはいけないのでしょうね。
たぶん・・・

書式は、別に税務署でもらわなくてもダウンロード出来ます。
国税庁のここにあります。 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/05.htm

いざ実際に記入しようとしたら

いろいろ調べても、コレなら大丈夫というものが見つからず これでいいだろう、と思われる方法で行いました。
納税地と書く欄があるが、 異動前なの 後なの??? かなり分かりにくいです。

その書き方を紹介します。
結局中心に考えるのが、どこの税務署(税務署長)に対して書いているのか

【引越し前の納税地に出す場合】
①税務署長は、これまで納税してきた税務署長
納税地:引越し前の住所
③異動前の納税地:これはそのままですね
④異動後の納税地:同上 氏名や職業は当然書いてくださいね。

【引越し先の納税地に出す場合】
①税務署長は、引っ越してきた先の税務署長
納税地:引越し後の住所
③異動前の納税地:これはそのままですね
④異動後の納税地:同上 実際に出して問題なく受け付けてもらえました。

受け付け印が押されているのわかるかと思います。

syorui

※各税務署へ、書類2部と返送用封筒を一緒に入れて、郵送で送りました。

送り先は税務署ですが、どの部署へ送っていいかわからないので封書で ◯◯税務署御中
(所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書 在中) として送りました。

出向くまでの必要はないです。
それぞれの税務署から、送り返されてきたので きちんと受領されたということです。
次の確定申告の時になにか言われても、ちゃんと手続きをした証拠になります。

2bu

引越しの時の確定申告はどこになるか

納税地とは、国内に住所を有する場合はその住所地 と規定されています。
住民票を登録している場所と解釈するのが妥当です。

年度の境目で引越しするケースは稀でしょうから 例えば源泉徴収票が旧住所のところのものであっても、 提出は、新住所を所管する税務署にだすことになります。

手続きを忘れたらどうなる

新しい納税地できちんと確定申告をすること
(とにかく脱税行為は、一番最悪ですから。。)

今回2度めの納税地変更ですが、1度目は同じ県内で 距離が近かったこともあり特に何もしなかったです。
でもやるべき事はきちんとしておいたほうが、トラブルにならないのは 当然なことです。

万が一旧住所の税務署で、納税をしていないと言われたりすると、後から説明するのは大変です。

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年5月11日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:社会

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. mo より:

    大変参考になりました。
    届出は 変更に関する~ と 移動に関する~ 届けがあり、
    お写真から恐らくお引越しで 移動に関する届出書 を作成していらっしゃるようです。
    分中とリンクが変更に関する~になっており、こちらは住まいと事務所などで変更する場合の届けなので注意が必要ですね。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ