sponsered link

不妊治療の金額と助成はどうなるのか

不妊治療は、治療と名前がつきますが基本的に健康保険の対象ではないんですね。piyo
人間にとって、妊娠も不妊も普通のことで行為自体が本来の治療とみなされないということから何でしょうね。

放置しておくと、死に至るとか日常生活に支障をきたすものではないです。
そこが判断ポイントになっているからです。

不妊治療の実施件数も年々増加しています。
助成を受けた人は11万件となっています。
それだけ子供がほしい人がたくさんいるということです。

子宝の為のヨガというものもあります。

不妊治療にかかる金額

どのくらいの費用かはと言う前に、ちょっと気になるニュースを見かけました。
不妊治療患者がどのくらいの治療費をかけているのか。
約2000組の夫婦(現在治療中もしくは治療したことがある人が対象)への調査で、
半数ほどの人が総額100万円以上の費用をかけたというこです。

あくまで典型的な例ということで少し具体的に書いていくと
(個人やお医者さんの方針で、かなり変わると考えられます。)
最初の受診で初診料等がかかります。1万円は行かないと思います。

いろんな検査をするので、数万円かかってくるでしょう。
治療の一貫として認められる分には保険が適用されるものもあります。

これらでパートナー共に異常が認められなければ
タイミング療法から始まり、段階を追って変わってきます。

金額もそれによって変わってきます。

不妊治療の方法

一般的にというのは、個々のケースに当てはまらないかもしれません
お医者さんによって、方針が違う可能性もあります。

段階としては
タイミング法⇒人工授精⇒体外受精・顕微授精
進めていくと思います。

【タイミング法】
排卵の周期を精密に推し量り、そのタイミングで生殖行為を行う。

金銭的には、医師の問診や確認等が主になりますから、そんなに大きな金額にはなってきません。

【人工授精】
人工的に精液を生殖器内へ入れます。

タイミング法だけでは妊娠しにくい何らかの原因がある場合に選択されます。
身体的な負担は比較的軽いと言われています。
治療費としては、1回 2~3万円程度になります。

成功率は10~20%程度と言われています。
ということで、妊娠するまでに通常は4~5回行われます。

【体外受精】
卵子を取り出し体外で完全に受精を行い、子宮内へ戻します。

確実に受精したのを確認してから体内に戻すので、人工授精より妊娠しやすいです。
身体的な負担は、やはり大きくなります。
ただ、昔に比べると道具などが進歩しているのでかなり軽減されてきています。

成功率は年齢にもよりますが50%程度
治療費としては、数十万円掛かります。



不妊治療を始めるタイミング

不妊の定義からすると、特に避妊などせずに通常の男女の営みをしていて
2年間妊娠がないと言う状態を言います。

非常に曖昧な定義なので、なにをもってしてというのは難しい面があります。
最低限、排卵日をある程度意識してということが、あるかと思います。
それに年齢によっても異なるでしょうし、全部のケースを当てはめるのは難しいです。

だから、思い立ったが吉日 ではないですが
夫婦で話し合って、お互いに納得できた時が一番いいのではないかと思います。

経済的な負担が発生します。

事実として、年齢が若いうちのほうが成功する可能性が高いのは、データから見て間違いはないです。

できれば女性が 35 歳まで不妊治療をするのかを考えたほうがいいです。

不妊治療の助成の見直し議論

不妊治療に健康保険は使うことはできませんが
少子化政策の一環として、公的な助成制度が設けられています。

収入などの条件 730万円以下であれば、1回あたり最大15万円の助成が受けられます。
回数の制限は5年間で10回まで、となっています。

税金を使っていることもあり費用対効果の観点から、補助見直しの話が出てきています

人口の現象を止められない現状
やはり子供を生みたい人の門戸を広げることは重要でなないかと。。。
日本の未来に帰ってくるところもきちんと計算しないといけないですね。

福祉にかかる国の予算を見ていると、これからの日本を支えていくことになる子供に関する予算が本当に適切なのかは、個人的にはかなりの疑問があります。

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年4月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:社会

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ