sponsered link

長野諏訪湖の御神渡り いつ見られるの?その歴史的な意義は

suwako長野県の諏訪湖の冬の名物に御神渡り(おみわたり)があります。
まさに自然現象の起こす奇跡。
湖面にできた氷が割れて隆起する
高いものは1mもの高さになるものもあるそうです。

日本の本州の湖で、これだけの規模で見ることが出来るのは諏訪湖だけです。

ずっと昔から注目されてきたのは、神事が絡んでいたためです。
諏訪湖の南北に挟む形で
諏訪大社の上社と下社があります。

上社には、建御名方神 が祀られ
下社には 八坂刀売命 が祀られています。

この建御名方神(男神)が、八坂刀売命(女神)へ会いに行く恋路が御神渡りであると言われています。
ちょっと、七夕の織姫と彦星の感じと似ていますね。

やはり、氷が盛り上がるのは神の所業であると昔の人には感じられたのでしょう。

御神渡りは、1つとは限らず、年によって2つ 3つとなることもあります。

「諏訪の湖の氷の上の通ひ路は、神の渡りて解くるなりけり」
という短歌も読まれています。

やっぱり生で見てみたいですね。これは。。

御神渡りの認定は神主さんが

御神渡りと判断するのは、なにか明確な基準が示されているわけではありません。
基本的に、諏訪湖に近い神社 八剣神社の神主さんが判断されるそうです。

ただ単独ではなくて、総代会を開いて皆で相談するようです。

この八剣神社は、御神渡りには関係が深く
判定 と 御神渡りの出来方による占い(吉凶の判断)
神事として拝観式を行います。
そして、それを諏訪大社へ報告(御渡注進式)するという形になっています。

更には、諏訪大社から宮内庁へと連絡が行きます。

実はとても国民的な出来事なんですね。

御神渡りのメカニズム

御神渡りが出来るメカニズムは分かっています。
しかし、御神渡りの高さが 高いものが出来る条件は
いろんな条件があって正確に予測するのは難しいみたいですね。

まず前提条件として、湖全体が凍る 全面結氷すること。

その氷が、夜の冷気で冷やされて収縮して割れます。
割れ目には湖の水が入って行って、氷になっていきます。

今度は日が出て、暖かくなると氷が膨張します。
その時に、割れた部分の左右から押す力が働いて山のように氷が盛り上がるというかせり上がる形になります。

これらに気温の下がり方や風などの要因が加わってきます。

湖の規模だからこそ、氷の膨張や収縮が目に見てわかる変化として現れるんですね。

御神渡り 記録

御神渡り 記録は、室町の頃くらいからあるらしいのですが
500年を超える長きにわたる記録になります。

これは、気象の状態や変化を推し量ることができる、非常に貴重な資料となっています。

御神渡りがあった年 を数えるよりも逆を数えたほうがいいので

御神渡りがない年もあって、
その場合は 開海 明海(あけうみ)空海(あきうみ)等と言われます。

その回数を100年毎にまとめると
1400年代 0回
1500年代 12回
1600年代 1回
1700年代 10回
1800年代 11回
1900年代 19回

と近年になって、急激に回数が増えていることがわかります。
気温以外の要因もたくさんありますが、やはり地球の温暖化というのは進みつつあると考えられますね。

諏訪湖の観光として御神渡りを見るには

御神渡りを、氷が盛り上がった良い状態を見るのは、遠くから訪れる人にとってはなかなか難しいところです。

御神渡りの高さは日々変化しますので、出来たとニュースが流れたらすぐに行くことが出来ればそれが一番確実です。

ある程度予測をするなら
全面結氷日(24時間完全に全面が凍っている状態)になるのが、1月の上旬頃。

全面結氷日の声を聞いてから、10日後くらいが狙い目となるようです。
ただ自然現象だけに、ばらつきも大きいのであくまで目安です。

現実的な線で行けば、御神渡りが出来たとというニュースがあったら、寒波が来て次にぐっと冷え込むタイミングを狙うといいかもしれません。

諏訪湖の冬の観光というとワカサギ釣りもあるので、それも楽しんでみては。



 

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年1月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:社会

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ