sponsered link

産後院 韓国で産後を過ごす 日本なら産後ケアセンター

syussan女性にとって人生での大きな仕事として考えられる 出産
産後院というものが注目を集めています。

これは韓国での出産を選んだ、芸能人 小雪さんの影響が大きいですね。

産後院というのは、韓国では当たり前にある施設で
日本だと産後ケアセンターがそれにあたりますが、
その充実度合いがかなり異なるものです。

日本だと、通常分娩で出産後は1週間以内(通常3~4日)に退院します。
その後は、自宅で静養しながら育児をスタートするというパターンが一般的です。

出産後には産後院の韓国

産後院 正式には 産後調理院となります。
韓国の考え方文化といえるのかもしれませんが
出産後のケアの考え方がより進んでいるんですね。

高級ホテル並みの施設で、出産した後に 一定期間を過ごすのは
ふつうのコトになっているのです。

日本人にはあまり馴染みがなく、女優の小雪さんが
知ったのも、仕事でたまたま韓国へ行った時にということで
考え方に非常に感銘を受けたのだそうです。

気になる産後院の費用

費用はどのくらいかは気になるところですね。
大体ということになりますが、

2週間で日本円で10万円程度。

産後のケアで、産後院で過ごしながら
骨盤矯正や授乳など育児指導を受けることになります。

正直、かなり安い印象を受けますね。
韓国であれば、そんなに物価が日本と違うということもないでしょう。
普通の一般庶民が利用するものと考えれば、そんなものなのかもしれません。

韓国で出産する日本人

韓国で出産しなければ、産後院も利用は難しいですね。
いくら近いといっても、新生児を連れて飛行機に乗って
海外へ移動するのは、現実的ではありません。

韓国で出産する日本人は年間4000人程度いらっしゃるのだそうです。

ただ推測するに、夫が韓国系の人であるパターンが多いのではないかと思います。
海外は言葉の問題もありますし、情報自体が少ないですから、
出産の不安は大きいでしょうから、通常は考えにくいことですね。

単純に、韓国で出産を考える日本人が増えていくことはないでしょう。

ただこれらのことを見て少子化問題を持つ日本として、
産後ケアセンターの充実をより考えていくべきなのかもしれないですね。
(日本の中でも素晴らしいサービスを提供しているところはたくさんあります。)

芸能人がプライベートを守りたいために海外で出産する例はこれまでもいろいろあります。

出産時に出る健康保険からの一時金は、申請ををすれば海外出産であっても申請をすれば受けることは可能です。




このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年1月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ