sponsered link

台風の仕組み 発生するのはどこか

毎年やってくる台風シーズン
自分の住んでいるところに
やってくるかは気になりますよね。

台風自体も気になりますが
最近は、その影響で極端な大雨などの天候も
気になっちゃいますが・・・

そんな気になる台風の仕組みに関して
わかりやすくまとめていきます。

台風危険

台風は何でどこで生まれる

台風は、とくに特別なものではなく低気圧です。
その大きさが大きく、風の強さが基準としている
値を超えると台風と呼ばれるようになります。

「その風の値ですが”風速17m/s”より大きなものになります。」

低気圧とはなにか

その低気圧は、文字通り気圧が低いのです。
天気予報で聞く”ヘクトパスカル”と言うのは、圧力の単位なのです。

気圧というのは、その場所にかかっている圧力(力)です。
簡単に考えると、1気圧というのは
海抜0メートルのところでの空気の重さ=力です。

空気が暖められて膨張すれば軽くなります、
重さが軽くなるということで気圧が低くなります

軽いものは上に動いていきます。
つまり気圧が下がると、
下から上へ向かう=上昇気流になる
なんとなくイメージできると思います。

ここに水蒸気が絡んでくると上空へ行って
冷えて水滴となり雲になるのです。

これが続くとどんどん雲が発達していきます。
パワーアップです。

台風誕生

台風が誕生

台風ができるのは大きな低気圧が出来る条件が揃っているということです。
エネルギーを貯めることができるところ

空気が温まりやすく、水蒸気を供給しやすいところ。
温かいところは、赤道付近です。
水がたくさんあるところは海です。

海の水が蒸発して上空へ上がっていくというのは
大きなエネルギーをどんどん貯めている状態です。
水蒸気は、水に熱エネルギーを与えたものと考えられます。)

海の上でパワー充電(水分を蓄え)して、雲が渦をまき
大きくなり
熱帯低気圧となり
先ほどの定義 風速が17mを超えた時に

台風の誕生となります。

台風 ハリケーン サイクロンの違いは

台風の定義に
まだ、足りない部分があります

それがこのセクターの題名となっているところです。

基本的な分類は

台風 :太平洋で出来た熱帯低気圧
ハリケーン:大西洋で出来た熱帯低気圧
サイクロン:インド洋+南半球で出来た熱帯低気圧

出来た場所で分類するということが基本です。

それに実は、台風の強さも加味されているのです。
海外とくにアメリカのニュースとして伝わってくる

ハリケーンの被害

「ちょっと日本の台風とは違う」と感じたことないですか?

ハリケーンと呼ばれるのは、超大型台風のみなのです。
風速で32.7m以上が必要なのです。

台風の17mの倍以上になります。

台風の区分

台風の威力を表すのに2つの基準があります。
台風が来るときに使われる言葉です。

「大型で強い台風」なんて言われます。

つまり
・大きさ
・強さ

で表します。

台風の大きさは、暴風圏の範囲の大きさ
大型 :500~800km
超大型:800km~

台風の強さは最大風速の数値

強い   :33~44m/s
非常に強い:44~54m/s
猛烈   :54m/s~

これからは、台風情報などで使われる言葉にも注目してみてください。
備えとして準備しなければならないことが変わってきます。

 

新しいところでは
「特別警報という、なによりも命の安全を第一に行動する。」
という基準も出来ました。

台風自体は自然現象で人間の力でどうにかなるものではありません。
いかに備えるかが大切ですね。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年9月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ