sponsered link

秋の七草 覚え方 漢字と由来も一緒に

秋の七草は、春の七草と比べると知名度が引く
イメージ的に地味ですよね。

実際に、春の七草を言える人は多いと思います
せり、なずな、ごぎょう、はこべら・・・・すずしろ

なんとなくリズムで覚えています。
それに、時期になるとス‐パーなどでは、七草粥のためのセットが並びます。

じゃあ、秋の七草は・・・
出てこないですよね。

ということで、秋の七草の覚え方の前に、どんな草なのか
それを見て行きましょう。

秋の七草 と 写真

秋の七草と言いますが、草とはいえ
秋の場合は花なんですね。そもそもそこが春の七草とは大きく違うところ。
ビジュアルが大事なんです。

本当は春より艶やかで派手なのです

(※漢字も一緒にここで確認してくださいね。)
写真(画像)を添えて紹介します。

萩(はぎ)の花

マメ科の植物。紫色の花が咲きます。
hagi

葛(くず)の花

マメ科でツルが伸びます。萩の花と似ています。
冬を越します。
kuzu

桔梗(ききょう)の花

キキョウ科の多年性で冬を超えます。
花が咲くのは夏で、後述する朝貌(あさがお)にあたると言われています。
今は絶滅が心配されています。
kikyou

藤袴(ふじばかま)の花

キク科の植物。小さな紫色の花が房状に咲きます。
これも絶滅が心配されています。
fujibakama

撫子(なでしこ)の花

ナデシコ科の花で、昔から女性に例えられてきましたね。
日本女性のことを大和撫子 いまは、なでしこジャパン。
いろんな歌(和歌)に歌われてきています。
nadesiko

女郎花(おみなえし)の花

オミナエシ科の植物。
黄色く小さな花が咲きます。
(ちなみに男郎花という植物もあります。)
ominaesi

尾花(おばな)の花

尾花というより、ススキと言ったほうがよく知られていますね。
まさに秋の代表的な植物です。
茅とも呼ばれて、実は茅葺屋根の茅ということもあまり知られていないのでは。
ILLUSION inc

(花ではなくて穂と言ったほうが正しいでしょうか)

以上、全部 花なのです。
秋に彩りを添えてくれる。
高貴な色とされる紫色の花が多いですね。

漢方になるものもあるのですが、秋の七草は鑑賞するものなのです。

秋の七草の由来

これは、もう日本の歴史といって差し支えないでしょう。
日本で最も古い和歌集 万葉集

この中で
山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ
2つの歌が元になっていると言われています。

万葉集 巻八 の 1537,1538に次の和歌があります

秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花
(あきののに さきたるはなを およびおり かきかずふれば ななくさのはな)

萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花
(はぎのはな おばなくずはな なでしこのはな おみなえし
またふぢばかま あさがおのはな )

※ここの朝顔は、桔梗という説が最も有力です

2つ目の歌は、あまりにそのままでどこが素晴らしいのかは
理解に苦しみますが・・・

ともかくこれが、秋の七草の由来 元になっているのだそうです。
これより古い記録は見つかっていないということもあるでしょう。

秋の七草の覚え方

春の七草のように、秋の七草もリズムよく覚えてしまうのは
一つの手です。

特に決まりはないので好きな順番で?

ハギ クズ キキョウ フジバカマ
オバナ(ススキ) ナデシコ オミナエシ

わたし的には、こんな順番が口ずさみやすい感じがします。
何度もリズムよく繰り返せば覚えられます。

でも

これでは、面白くもなんともないので
語呂合わせのパターンを幾つか紹介します。

一番、メジャーなのはやっぱり

お好きな服は?

ミナエシ/スキ/キョウ/デシコ/ジバカマ/ズ/

でしょうね。

こんなのもいかがですが?
富士山は世界遺産ですし、こうあって欲しい。

屑無き 富士は お好き?

クズ /デシコ /キョウ /フジバカマ/ギ/ミナエシ/ススキ

自分でオリジナルの作ってみてください。。。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年7月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ