sponsered link

日傘でUVカット 男性にも有効な対策

higasa日傘は、屋外で紫外線が肌に当たるのを防いでくれます。

日傘の効果は、その材質や使い方によっても変わってきますが
紫外線を防ぐという目的で使う人にとって害となる部分が無い点がとてもいいですね。

日焼け止めクリームなどももちろん効果はあります
しかし、多かれ少なかれ肌に対する負担は必ずあります。
異物を表面に塗るわけですから。

基本的に化粧などをしない男性にとっては、
こまめに日焼け止めを塗るのは非常に面倒ですし
肌の感触も良くないです。

手軽に日傘を使って有効に紫外線を防いでいきたいですね。

ビジネスでも夏に汗いっぱいで暑苦しく営業するのは・・・

UV 紫外線とは

そもそもUV 紫外線とは何なのか。
UV:Ulutra Violet
Violetは紫色で、それをさらに超えているものということです。

光としては、物理的に表すと、波長が短い光になります。
持っているエネルギーは強いです。

紫外線は人間の肌などにとって基本的には有害なものです。

日焼けは、人間にとって有害な紫外線が身体の奥深くへ入って行かないようにする
人間の防御機構なのです。
(メラニン色素でUVを吸収するんですね。)

地球の大気において、紫外線が吸収されて地表までに届く量が減るので
人間は生きていくことができます。

ただ全てにおいて悪者というわけではなく、
有効に利用しているところもあります

・工業的には、紫外線を活用して製品を作ったりしています。
・紫外線を適度に浴びることによって、人間の体はビタミンDを作りだします

紫外線に対する弱さは

女性と男性を比較して紫外線に対してどちらが強い弱いという違いはありません。
ですから、紫外線対策は男女関係なく行ったほうが良いです。

ただ、女性のほうが肌に関して、
シミ や シワに対して気を遣いますし、美白に対する意識も高いです。

紫外線に対する肌の強さの目安はどう見ればいいか。
簡単に見分ける方法があります。

それは、いままで日焼けした時にどうなったか?
・真っ赤になって、ヒリヒリする状態になる
・あまり黒くならずに、白い肌に戻る

このようなタイプの人は、紫外線(UV)に対して、弱い肌質といえます。

これがさらにひど状態の人もいて
”紫外線過敏症”という病気と診断される場合もあります。

本当にきちんと知りたければ、皮フ科に受診した方がいいかもしれません。

どんな日傘が有効か

本来、紫外線ケアにかんして男女の差はありません。
男性も出来る範囲で紫外線対策を行うべきで、
一番手軽で有効な手段の1つが日傘になります。

いまだと、紫外線の透過率が表示されていたりするので
紫外線をより通しにくいものを選ぶと良いでしょう。

雨天も兼用で使えるものが、より便利に使えます。

もし、表示などがなければ、目安になりますが
日傘の色は濃い色 黒色が一般的に紫外線の透過率が低いです。
銀色など光を反射するのも有効です。(外側のみ!)
傘の材質からすれば、綿のものよりも、ポリエステルなどの化学繊維のほうが紫外線を通しにくいです。

そして絶対にこれだけは外してほしくないポイント
超重要”傘の内側の色
白やシルバーは最悪です。

紫外線は、太陽から直接来る光だけはありません。
色んな所から反射もしてきます。
言わつる照り返しというものですね。

それが傘の内側で反射してしまうと、わざわざ光(紫外線を含む)を
集めていることになります。

男性用日傘

ちゃんと男性用として企画作製された日傘が販売されています。
やはりシンプルなデザインが多いですね。

(いろいろ見ていると内側が銀色のもの見かけたのですが何故に・・・・)

もうちょっと柄が入っていてもいいかもしれません。
外側がシルバーだと、晴れの日につかっても日傘だとわかりやすいですね。

夏場だと、紫外線だけでなく
日除け効果で、熱中症対策など体調管理にも有効です。
自分専用の快適な日陰スペースです。

日傘男子はどのように見られている

日傘を使う男性は増えてきています。
これからも徐々に増えていくでしょう。

男性としてはちょっと気になるのは、女性からの目線ですね。。

正直、あまりポジティブな見方をする人は少ないようです。
ひ弱く映ってしまうのでしょうか。
それも、時間が解決してくれることだと思います。

日本も残念ながら、温暖化の影響か年々暑くなって来ていますし
紫外線過敏症などを患っている人には、必須とも言えるものです。

曇りの天気でも紫外線は要注意

紫外線対策を油断してしまいがちなのが、曇の日。
そんな時も、晴れの時に比べれば少ないですが
特に春から夏の時期では、多くの紫外線が降り注いでいます。

大体、晴れを100%とすると、曇では70%くらいの量になります。
(曇り具合にもよります。)

雨が降っているような状態だと2割程度になるのですが、
実はその状態であっても、冬の晴天と同じくらいの紫外線量だったりします。

また、紫外線は目のケアもお忘れなく。
基本はサングラスになりますが、イメージが・・・
樹脂レンズの伊達メガネだけでもかなり紫外線は軽減されます。
将来、白内障になるリスクもできるだけ下げたいです。

ちょっと話が脇道にそれましたが、
日傘を男性が使うのは全然おかしくないと思います。

特に夏の炎天下では、熱中症や熱射病を防ぐ手立てにもなります。
雨傘との兼用であれば、突然の夕立にも対処出来ます。
(雷だとちょっと考えないといけないですが・・・・)

まさに色んなことから身を守ってくれる日傘
道具としてスマートに上手く使いこなしたいものです。

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年5月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ