sponsered link

ヘビ革財布で金運をつかもう ブランドやお手入れは

ヘビ革財布(蛇皮財布)は、皮財布の一つの種類として
独特のデザインや風味があり人気があります。

革製品ですから、使い込むほどに独特の風味というか
味わいが出てきますので、長く使い込むほどに愛着が湧いてきます。

また、違う一面として持っているのが
金運をUPしてくれるアイテムです。

ヘビ皮が何故金運を呼ぶと言われているのか

風水的な面から言えば
動物としてのヘビのパワーということになります。

ヘビは脱皮を繰り返して大きくなっていきます。
無限に成長するような感じを受け、不老不死や子孫繁栄など
縁起のいいものとされています。

蛇は龍の化身であるとして神聖なものとして扱われることもあります。

日本ではやはり、白蛇でしょうね。
弁財天の使いとして、崇められてきました。
弁財天は七福神の1人で、唯一の女性。
金運、開運、商売繁昌の神様 女神として信望されています。
その使いとしてのヘビは当然それらをもたらしてくれます。

蛇は世界各地で、縁起のいいものとされています。

風水的に見ても、蛇はいいものとなり
金運を上げて財を大きくする効果があるものとして扱われます

ヘビの脱皮した皮を財布に入れておくと、お金が貯まるなんてよく言われていますよね。

ブランド ヘビ革財布

いろんなブランドからヘビ革財布は出ています。
自分の好きなブランドがあるのであれば、そこを選べばいいですね。

ただ、蛇革は、薄く伸びが少ない材質です。
そのため単独で使われることはなく、牛革に貼りつけたような形が多いですね。

シャネルからも出ています。
ウミヘビ皮はちょっと変わっています。

ヘビ皮で高級とされるのは、ニシキヘビの皮
”ダイヤモンドパイソン”

ヘビ皮を使い慣れているブランドは信頼出来ます。
イタリア名門タンナーCARAVEL社を使っています。

その他に、ヘビ皮財布でのブランドですと
『KC’s』とか『FUNNY』あたりがよく知られています。

女性だと『トリーバーチ』もヘビ皮の財布があります。

『マユミハセガワ』 は男女どちらでも。。

ヘビ皮財布のお手入れは

ヘビ革自体は基本的に丈夫ではあります。
ウロコに見えますが、ちゃんとした一枚の革です。
加工の都合で若干ささくれて見える部分もあります。

ヘビ皮財布の表面の光沢の出し方によって手入れの仕方も変わってきます。
シャイニー加工
マット・ドフ加工などがあります。

革製品は使っていれば味わいが出てきますが、長持ちさせるには手入れをした方がいいのは当然です。

オススメは、このクリーナーとコンディショナー。
ただやはり、最初は目立たない所で少しためしてみる事だけは忘れずに。
(ものによっては相性が悪い可能性があります。)

革製品に関してはほぼ万能的に使えます。

ただラッカー系薬剤を使ってツヤを出しているものは、柔らかい布で優しく拭くくらいしかありません。

ヘビ革財布をしっかり手入れして、馴染んでくるころには
金運もしっかりUPしてくるのではないでしょうか。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年4月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ