sponsered link

nk細胞を活性化で がん や 風邪を予防

人間には、体内へ入ってきたバイキンや異物などから守るためにmeneki
非常に精巧な仕組みを持っています。

まさに神様からの贈り物とも言うべき
免疫機構

身の回りには、眼に見えない敵がいっぱいいます。

細菌やウィルスなどから体を守る 常に戦ってくれているのです。

白血球やリンパという言葉 一度は聞いた事あると思いますが
ざっくり リンパ球=免疫 と考えてよく

リンパ球を分類して、大きく分けると3種類あります。
T細胞 B細胞 そして NK細胞

NK細胞は、これらの中でも発見されたのが最も新しくまだ謎の部分も残されています。

nk細胞とは

nk細胞のnkは、natural killer の頭文字を取ったものです。

自然の生まれながらの殺し屋・・・・
恐ろしい感じの名前がついていますが、
それを自分の味方につければ頼もしいわけです。

あなたの体の中を、ぐるぐる巡っていて
出会った敵を倒していきます。

その標的となる敵は、
・風邪の細菌
・ウィルス
・がん細胞   などなど

HLA抗原を持たず、自分の細胞でないものを
2種類のアンテナでしっかり識別をして異物のみを攻撃します。
(HLA:Human Leukocyte Antigen)

パーフォリン:敵の細胞の細胞膜に穴を開けるタンパク
グランザイム:細胞を死に至らしめる細胞傷害 働き

これらの武器を持って戦ってくれるのがNK細胞です。

nk細胞を増やす 活性化させる

nk細胞は、体を守る防衛隊ですから
数が多ければ、体の中の異常に対して迅速に対処ができ
それだけ健康でいることが出来る確率が高いということになります。

かなり個人差があると言われていて、
風をひきやすいなどという人は、NK細胞が少なく元気が無い可能性があります。

とても力強い味方
nk細胞を増やす方法は、そんなに特別なことはありません。

nk細胞の基本的な性質

・nk細胞の活性化する時間帯
nk細胞も人間と同じように生活のリズムがあります。
自律神経と連動しています。
早朝に最も活発になり、真夜中は活動量が低下します。

(季節によっても異なるという説もあるようです。)

・精神的な部分が影響する
気分が良いとき や リラックスしているときはよく働き。
ストレスがあったり、落ち込んでいるときは働きが鈍る。

・加齢により衰える
40歳を過ぎた頃から、免疫機能は徐々に下り坂を迎えます。

nk細胞を元気にして増やす方法

基本的な背室のところにほとんど答えがあるのですが
風邪や病気になりにくい元気な体にするには
ガンの予防には
元気で活性したnk細胞が体の中にたくさんあるといいです。

基本的な生活習慣が大切で
・睡眠
・栄養のバランスがとれた食事
・適度な運動

非常に当たり前ですが、なかなか思うようにもならないもの。

ついつい夜更かし
お菓子を食べ過ぎたり
運動が億劫だったり  しますが

100点満点を目指すのではなく、80点で十分ですから
少しずつやっていきましょう。

より効率よくと考えるのであれば
いくつか方法があります。

特にNK細胞の活性を上げるもの

食べ物だと、シイタケ類が効果的です。
グルカンという多糖体が役に立ちます。

それから、腸の状態を整えること。
腸の中にはたくさんお役に立つ細菌がいて、免疫系の活性に関わる多くのものがあることもわかっています。
老化にも大きな影響を与えたり

乳酸菌などが、健康にいいのはよく言われることです。

インフルエンザに効果があるとされる R-1 乳酸菌
これも結局、免疫機構 NK細胞に働きかけるから効果があるようです。

精神的な面が絡む、笑うことも大きな効果があります。
(横隔膜が動くのも一因とも言われています。)

自然に笑いが多いことがいいのですが

無理に笑っても効果があります。
嫌なことがあってもなんとか笑いましょう。
ストレスも減りますし、気分も自然とよくなります。
(TPOも考える必要がありますが・・・)

笑いヨガという健康法もあるくらいです。

これらによって、NK細胞がたくさんで元気になれば
副作用のない まさに天然の抗癌剤ともいえるかもしれません。
(癌の原因によっても変わりますが)

元気で健康で長生きには、体の免疫機構をしっかり働かせて行くことが大切ですね。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年11月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ