sponsered link

RSウイルスの症状は?赤ちゃんではとくに気をつけたい

RSウィルス

RSウィルス 寒い時期に流行する
ウィルス性の感染症です。

簡単にいえば、風邪なのです。

しかし場合によっては、非常に厄介なものとなることもあります。
インフルエンザに比べ危険とされる割に、あまりよく知られていません。

赤ちゃんなどの幼児にとっては、インフルエンザよりも危険なこともあります。

冬の時期には、十分注意したいものです。

RSウィルスの症状

RSウィルスは大人がかかった場合は、
本当に風邪の症状が出るのみで、重症化することはまずありません。

呼吸器系の感染症であり症状は

・鼻水
・咳
・発熱

まさに典型的な風邪症状です。
普通に「風引いちゃったな」くらいのことで、気に留めることは少ないです。

しかし、それが赤ちゃんになってくると、事情が異なります。
非常に思い症状 肺炎、気管支炎となるケースが有ります。

赤ちゃんなどの乳幼児の、肺炎の50%
気管支炎ともなると80%程度が RSウィルスが原因であると言われています。

呼吸困難がある場合には、入院も必要になります。

特に乳幼児で気をつけたいのは
◆ゼーゼーと呼吸が苦しそう
◆タンがあるような雑音が交じる咳

これら症状で呼吸が苦しそうな場合。
喘息の元になってしまうこともあります。

まさに命にも関わる病気ともなりかねません。
海外などでは、インフルエンザ以上に警戒されています。

RSウィルスを予防するには

RSウィルスへの感染を防ぐには
どのようにRSウィルスが広がっていくかを知っていれば
対策を考えることが出来ます。
RSウィルス うがい

感染が起こるのは、飛沫 もしくは 接触によるものです。
空気感染は、確認されていません。

RSウィルスが鼻の粘膜や喉、眼結膜に付着して、体内へ入っていきます。

ですから、予防する方法は
風邪の予防の基本と同じ
です。

「手洗い、うがい、栄養、睡眠・・・」

ただ、乳幼児の場合は、難しい面もあります。
赤ちゃんは、”うがい”なんか出来ないですよね

菌を持ち込まないように、周りの大人が気をつけることになります。
また、人混みや 幼児がたくさんいる場所へできるだけ行かないなども有効です。

呼吸器系に影響が出やすい病気ですから、
タバコは呼吸器系 喉に悪く、
吸う人自身だけでなく、周りに対しても影響が大きく
RSウィルスに対しての抵抗力を下げてしうことも知っておきましょう。

非常に当たり前と感じることが
RSウィルスの予防ということにつながります。

冬に流行る風邪ですから環境としては、部屋の湿度が低くならないように
加湿器等を利用しましょう。

抗体ができにくいRSウィルス

RSウィルス これだけ危険性が認識され、感染力も強いのですが
インフルエンザのような、ワクチン(予防接種)もなければ
特効薬もありません。

通常の風邪であれば、一度掛かったものは
免疫が出来上がって同じ風邪はひかなくなります。

ただ、RSウィルスにたいする免疫を獲得するのは
人間にとって何故か難しく、数回ウィルスが体内に入って
ようやく影響が小さくできるという状態になります。

ですから、誰もが3歳くらいまでには、
知らず知らずに何度かRSウィルスに掛かってしまっている
ものでもあります。

繰り返しになりますが、体力がまだ順分ではない、赤ちゃんに関しては
仕方ないと考えず十分注意しましょう。

RSウィルスの治療方法は

RSウィルスにたいしての特効薬は無いので、出た症状に対して
その症状を軽減させる”対処療法”になってしまいます。

大体感染してから1週間程度で発症します。
体の中から菌がいなくなる状態になるのは、
1週間くらいが目処となるインフルエンザと比べると長くかかります。

最長で3週間程度の時間が必要な場合もあります。

それ以外には、全く何も無いかといえば
本当はそういうわけではなく
感染後の重症化を防ぐ注射薬(”パリビズマブ”という名前)は存在します。

ただし、非常に高価で
保険適応としてこれを使うには、先天的に疾患を持っている乳児などに限られます。

普通の町医者では受けられず、地域のある程度の規模の大きさの病院でないと
RSウィルスの注射薬は持っていませんので、
気になる場合は先に病院へ問い合わせたほうがいいです。
もしくは、最初に掛かった医師に紹介状を書いてもらうとか。

寒くなるとインフルエンザは、流行など非常に警戒されます。

赤ちゃんなどの乳幼児にとっては
実はインフルエンザよりも恐ろしいと言われることもある
「RSウィルス」

繰り返しになりますが、RSウィルスは体力がまだ十分ではない、
赤ちゃんに関しては、仕方ないと考えず感染予防をして十分注意していきましょう。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年9月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ