sponsered link

がんワクチン治療の効果は? 病院はどこへ行けばいいか

がんワクチン ぱっと聞くと

いまだと子宮頸がんのワクチンをイメージします。

接種を期間限定で実施している自治体もあり、注射を打ったのはいいのですが
その後に副作用と考えられる症状を訴える人が相次ぎ、接種の推奨のレベルが下がりました。

厚生労働省も認可が遅いと、日本での医療分野での発展を邪魔すると言われ
問題が出るときちんと検証していないのではないかと言われ難しい立場ですね。

これも、がんワクチンですが 役割としては、癌になることを防ぐためのものです。

ただ最新のがん治療においてのワクチンは、がん治療 そのものに用いられるようになってきています。

NHKの あさイチ! などでも紹介されてちょっとした盛り上がりを見せてきているようですね。
これはワールドサテライトかな

がんワクチン治療とは

がんワクチン治療とは、従来のがん治療
・癌の部位を取り除く外科的手法
・薬で癌細胞を攻撃する抗癌剤治療
・がん細胞に放射線を照射して死滅させる放射線療法

最新としては、超大掛かりな設備を必要とする重粒子線
もしくは陽子線 が癌をピンポイントで狙い撃ちできて
他の組織にダメージを与えない
そして 日本の技術が強い領域であることから注目されています。

そんな中で、新しいガン治療の方法として、研究が進められているのが
ワクチン治療です。

ワクチンの摂取により、人間の根源的な力
免疫機構の働きを活発にする。
つまり、外敵・異物を攻撃する力を強くして、がん細胞を攻撃する力を強めるものです。

ワクチン自体は、ペプチドと呼ばれるタンパク質を接種することになります。
ペプチドは、いくつかのアミノ酸がつながったものです。

どうしてこれが、がん治療になるかというと

人間の抗体ががん細胞を見つのに利用する目印が、このペプチドなのだそうです。
このペプチドを体内へ入れてることにより
体が異常事態を察知して、リンパ球の数が増えて
そのペプチドを持つがん細胞に対しての攻撃力が上がるのだそうです。
働きが活性化されます。

免疫 リンパ球のキラーT細胞が、簡単にがん細胞を見つけられるようにもなるのでしょうね。

これらの結果、ガンに対して攻撃をして、ガンを抑制、殲滅させることができるようになります。

この治療の特徴としては、やはり体に対する負担が少ないことでしょうね。
がんペプチドワクチン療法
注射を打つだけですし、大きな副作用も今のところ無いようです。

がんワクチン治療が受けられる病院は

がんワクチン治療は現在 効果を確認している段階です。
臨床の試験を行なっています。

まだ保健医療の対象にはなっていませんtyuusya
症状などによって費用がかかるケースや
補助が出て費用がかからないケースが有るようです。

既存の治療で効果が認められる人は、そちらが優先されます。
いろいろな条件があるのですが、それらを満たせば
がんワクチン治療を受けることが出来るかもしれません。

いくつかの大学や研究機関で治療の実施を行なっています。

主なところを上げておきます。
・東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター
・久留米大学病院 がんワクチン外来事務局

ここ以外にも、がんワクチン治療が行われているところはあります。

ペプチドもすでに何百種類も合成されていて、うまくマッチすれば
非常に効果が期待できるものです。

2~3年内には実用化されるのでは無いかと言われています。

再発防止にも期待の がんワクチン

がんワクチンは、すでにあるガン自体に対する効果だけでなく。
再発防止に関しても、効果があることが来されています。

ガン治療により体の中から、一旦無くなりました。
しかし、ペプチドを注射して常にいつでも戦える状態にしておけば
かりに、体の中で異変(癌化)が起こったとしても
数が増えて大きくなる前に、しっかり攻撃して食い止める。

これから、いろんなガンに効果が出るように研究が進められて
体への負担の少ない治療が、どんどん確立していくといいですね。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年6月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ