sponsered link

クローン病の症状や治療は 完治はあるのか

クローン病は、国が指定する難病(特定疾患)になっています。

発症する年齢は、15歳~25歳くらいの間に多くfukutuu
男性のほうが、女性より2倍くらい多く発症しています。

患者数も2万人を超えてまだまだ増加傾向が続いています。
これは、診断技術が上がってきていることも一因かもしれません。

しかし、現段階では、このようになってしまています。
”難病指定されている=有効な治療法がない”

難病指定されているので、条件が合えば公的な助成を受けることができます。

クローン病 症状

表に現れるクローン病の典型定期な症状
・腹痛
・下痢
・体重減少
・発熱

これらの症状が、特に普通の生活をしていて
心当たりもなく ずっと続くようであれば、
病院できちんとした検査を受けたほうがいいです。

特に前述した発症しやすい年齢層にあたっているのであれば。。

ただ、小児クローン病もあるので、この場合は早く手を打ってあげないと、栄養を上手く摂取できずに、栄養不足から発達障害へつながることもあるので親として気をつけたいポイントですね。

クローン病の症状は、不連続で腸の炎症が起こることが特徴です。
炎症がひどくなると、潰瘍になったりします。

潰瘍性大腸炎と非常に似てはいるのですが、クローン病と潰瘍性大腸炎の違い違いは
発生する部分が大腸には限定されないことが大きな違いです。

クローン病では、口内炎ができることもあります。
口の中も内蔵の一部です。
ひどい潰瘍ができることがあります。

腸の中では縦走潰瘍ができて、
さらにひどくなると敷石像と言って、腸内がボコボコの石が転がっているような
もっとひどくなる穴が開いてしまいます内瘻  外瘻。
それらの影響で、腸閉塞を起こしたりすることもあります。

そして肛門も内蔵の一部ですよね。
そこにも潰瘍ができます。
肛門周囲膿瘍 や 痔瘻となります。

人によって大きな症状の差があります。

クローン病 治療

クローン病 治療は、まだ完全に原因が分かっていないので根本的な治療が難しいものです。
免疫機構の暴走が起こっています。
自分で自分自身を攻撃している状態です。
でも何故、その状態が起こるかが、分かっていません。

遺伝的な要素もあるようですが、それだけの単一の要素としては見つかっていません。

他の条件との組み合わせによってスイッチが入ってしまうのでしょうが
その組み合わせは見つかっていませんし、人それぞれ違うのかもしれません。

よって、治療というのは完治を目指すのではなくて、寛解といって
クローン病が暴れない状態をいかに長くキープをするのか
そこが勝負です。

本当に症状がひどくなってくると、外科的な手術もとられることになります。
ひどくなった部分を取り除くしかなくなるわけです。

クローン病 は完治を目指さない

クローン病を完治させた人はいるかもしれませんが
医学的にはたまたま運がよく、偶然であるということになります。

食事の制限 と 免疫を抑える薬が基本になってくるでしょう。

良く聞く薬の名前は
・レミケード
・ヒュミラ

TNF阻害薬ですから、TNF:腫瘍壊死因子としての免疫が働かないようにするということです。
ただし免疫を抑えるということは、他に副作用も出てくるので慎重に考える必要もあります。

そして、免疫が暴れないように
ストレスの少ない規則的な生活を心がけることになります。

クローン病 食事は重要な要素

クローン病は、消化器官の病気ですから
やはり食べ物には非常に気を使うことになります。

まずダメだと言われているのが、脂分です。
動物脂分は胃腸に対する負担が大きいです。
お肉や揚げ物類はNGです。

アレルゲンとなる食物も良くないと言われます。
牛乳、タマゴ など
冷たい牛乳を飲むとお腹ゴロゴロとなるひとは、体に合わないということです。

良いのは、和食系や果物
これらを中心に食事を組み立てましょう。

食物繊維は、腸閉塞の症状がある場合は控えなければなりません。

栄養の接種が、困難になってくるとエレンタールを用います。
極力腸に負担をかけること無く、必要な栄養を吸収するためのものがあります。

クローン病 名医はどこに

クローン病は診断自体、非常に難しいものです。
セカンドオピニオンや専門医に診てもらうことを考えたいですね。

すべての医師が、クローン病に詳しいわけではありません。
消化器内科と言っているところは、大丈夫かとは思いますが

やはり餅は餅屋ということで
クローン病などの炎症疾患を専門的に見てくれるところがあります。

炎症専門外来 とか IBDで調べれば沢山出てきます。
一部を書き出しておきます。

炎症性腸疾患専門外来で調べれば
社会保険中央総合病院(東京)
鳥取県立中央病院

IBDで調べれば
東京医科歯科大学消化器内科
横浜市立大学附属 市民総合医療センター
慶應義塾大学医学部消化器内科 IBDグループ 臨床

炎症性腸疾患先進治療センター(IBDセンタ―)
北里研究所病院など世界的な賢威もいて、先進の治療を進めるところもあります。

まだまだ他にもあります。
紹介状がないと見てくれないところもあるようですので事前に問い合わせてみてください。

※IBD:Inflammatory Bowel Diseases 炎症性腸疾患のこと


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年5月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ