sponsered link

心筋梗塞 その前兆は痩せ型だと大丈夫?若年性の場合は

心筋梗塞はいまや、日本人の死亡原因で2位となる病気です。
虚血性心疾患といわれるように
心臓にとって虚血 つまり 血液が足りない状態になる。

自分が送り出している血液が自分に届かない状態になってしまうんですね。
ちょっとやるせないですね・・・・

心臓の冠動脈が詰まってしまうためです。
ですので心臓の障害ですが、その原因は心臓自体ではないということです。

心筋梗塞になリにくいのは痩せ型の人?

心筋梗塞になりにくと俗説的に言われているのに

・痩せ型の人
・運動をちゃんとしている
・女性

たしかに合っている面もあります。
でもこれはイメージ的な部分もつよく
絶対的に安心できる材料にはなりません

個人個人きちんと状況を把握しておく必要があります。

なんとなーく、大丈夫だろうと勝手に思い込んでいると
後で痛い目にあってしまうかもしれません。

心筋梗塞の原因になるのはコレステロール?

コレステロールが一要因になることは間違いないでしょう。
ドロドロ血液が体に良くないことも間違いがないでしょう。
コレステロールが、傷ついた血管に堆積して血液の流れを悪くしてしまう。

ただ、コレステロールのみの要因であれば、それほど体に悪影響がないのも確かです。

他の心筋梗塞になる要因としては、
喫煙 や 高血圧、糖尿病が重なってくる。

そうすると、心筋梗塞のリスクがグッと上がってきます。

最近では、コレステロールだけでなく、
酸化した脂分 プラークが血管の内壁に貯まってしまうことが直接的な要因とも言われています。

ちなみにコレステロールはすべての悪のような存在に捉えられています。
善玉と悪玉に分類されますが、悪玉だからといってその存在そのものが悪いわけではありません。
悪玉コレステロール(LDL)であっても、体に必要だから流れているのです。
なんといっても栄養分ですから。

ただ多すぎると良くないということで
呼び方もう少し工夫があっていいのではないかと・・・

若年性の心筋梗塞の前兆や原因は

やはり心筋梗塞の危険率は若年だと低いことは間違いありません。

心筋梗塞を疑われる場合
原因として遺伝的な要素が一番に疑われます。

”家族性高コレステロール血症”
これがベースにあって、遺伝ですので生まれつきの体質とも言えます。

血液検査などで異常と診断されたときに調べておけばわかります。
これは、自分でコントロールできるものではありませんが、心筋梗塞の前兆といって良いかと思います。
女性の場合は、男性より確率が低いことも証明されています。
気をつけなければならないのは、閉経後に女性ホルモンの分泌が減ってからです。
動脈硬化になりやすくなります。

ただ、年齢的には、若年と呼ぶ年齢ではないですね。。

koresuteroru

心筋梗塞を防ぐには

心筋梗塞は、多くの場合 生活習慣病の一部であるといっていいでしょう。
健康的な生活を心がけることが重要。

特に食生活が重要です。

脂分は、熱が加わって酸化しているものはよくないですし、
動物の油であれば、魚の脂分が体にいいこともわかっています。

バランスよく食べる
肉より魚 野菜をしっかりとる。
本当に単純なことです。
でもこの積み重ねが、本当位に長い時間積み重なって体調不良となるのです。

 

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年5月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ