sponsered link

寒暖差アレルギーとはどんな症状で薬など対処法は

寒暖差アレルギーということば聞いたことないでしょうか。hanmizu
たまにテレビなんかでも紹介されていることあります。

アレルギーは、現代病といっていいもので、治すのはなかなか難しいものですね。

アレルギーというと、花粉やホコリ、化学物質などに対して
人間の免疫機構が、これらを外敵と判断して反応してしまうため
様々な風邪に似たような症状が出てくるのです。

でも寒暖差アレルギーは、本当のアレルギーとはちょっとちがいます

寒暖差アレルギーの症状

典型的なものは、鼻水ですね。
寒暖差アレルギーの特徴として、透明な鼻水が出ること

鼻炎ですから、鼻詰まりを伴うことも。
時期は特定の時があるわけではありません。
場合によっては、花粉症と勘違いするパターンが多いです。
もしくは、まだ花粉の時期ではないのに鼻の調子が悪い

病院でアレルギーの検査をしても、アレルギーの反応は出ることがありません
アレルギーという呼び名はあるのですが、それはただの症状から見たもので
寒暖差アレルギーの正式な呼び名は、「血管運動性鼻炎」と呼ばれます。

鼻炎ではあるので症状は、鼻だけでなく 咳などの喉の症状を伴うことも。

食欲不振、体の怠さなど全身疾患を感じることもあります。

でも発熱をしたりすることはありません。
そしてなによりも、目の痒みは出ることがありません。

時期的には寒暖差の激しくなる季節の変わり目に、症状が出やすいです。

寒暖差アレルギーの原因

もうこの病名に答えはあるのですが
キーポイントは、温度差です。
急激な温度の変化があると、要するに体かついてこない
そんな状態になるのです。

鼻の奥の粘膜にある血管をひろげて、粘膜が腫れてしまうと鼻水が出たりします。

ようするに、温度差にたいして自律神経がうまく追従できないと体に異常をきたすということです。

自律神経は、体温を調整するために
寒い時は欠陥を縮めて、熱を外へ逃がさないようにし
暑い時は、血管を広げて体の熱を外へ逃すようにする働きをします。

自律神経がうまく追従できないと、鼻だけでなく全身の症状として
体がだるい とか 食欲が出ない なんだか疲れやすい イライラする
となってきます。

個人差はありますが、体が対応できる温度差の限界は7度程度と言われています。
一日で10℃以上の温度差がある場合は、要注意ということになります。

女性のほうが寒暖差アレルギーになりやすい

人間は、恒温動物ですから、体温を一定に保つ仕組みを持っています。
その体の熱を生み出すのは、筋肉になります。

単純に、外気温=体温ではありませんよね。

しかし、女性と男性をくらべると、相対的に女性のほうが筋肉の量が少ないです。
熱を作ることが出来る量が少ないことになります。

急激な温度変化に対して、対応が遅れがちになるということで
寒暖差アレルギーになりやすいようです。

ただ、人間自体が、便利な世の中で暮らしています。

これにより環境に対する適応力が下がっていることもあります。
エアコンなどで自分の周りの環境をコントロールしてしまいます。

非常に快適である反面、自律神経の働きを鈍らせているとも言えます。

寒暖差アレルギーの治療は 治るのか

寒暖差アレルギーの治療となると、まずは対処療法ということになると思います。
鼻水 や 鼻づまり の起こっている不快な症状を抑える。
薬を使うということになります。

緊急の場合は、市販薬でもいいかもしれませんが
やはり一度 耳鼻科でちゃんと診てもらうのが正しい対応方法ですね。

自分で寒暖差アレルギーと思っていたら、本当のアレルギーだったりすることもあります。
薬もより症状にあったもの出してもらえますので。

また、自律神経による体温の調整を助けるという意味で
服装による調整を心がけると良いでしょう。

寒いのであれば、体温を逃がさないように服を着込む。
暑いのであれば、上着を脱ぐ

体温調整がしやすいような服の組み合わせを意識してみてください。

温めのお湯にゆっくり浸かリ、リラックスすることも自律神経の働きを良くしますので試してみるといいと思います。

根本的に寒暖差アレルギーを治す

根本的に直そうというのであれば、一朝一夕には行きません。
体質改善という道になります。

漢方などを使って免疫力を上げてアレルギーに強い体にする。

それとともに食べ物に気を使いましょう
アレルギーそのものが、化学物資に対して免疫の機構が過剰に働いてしまうことが原因です。

防腐剤などたっぷり入った食品などは控えましょう。

そして、ヨーグルトなど発酵した食品をとって腸内環境を整える
(花粉症でも良いと言われていますよね。)

アレルギー自体に強いからだを作る。
人間の持つ本来の環境に適応する能力を取り戻す。

じっくり時間をかけて取り組まなければなりません。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年5月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ