sponsered link

急性虫垂炎穿孔 限局性腹膜炎とはどんな病気

病気はなかなか難しい感じがします。fukutuu
素人では、ぱっと理解し難いものが多いですし。
自分の体の中のことをそんなに詳しく理解していないのと
理解するのが難しい両面あるとは思います。

かつては簡単に盲腸 なんて呼ばれていたりしました。
急性虫垂炎穿孔 限局性腹膜炎

まずは読み方から
急性虫垂炎穿孔(キュウセイチュウスイエン)
限局性腹膜炎(げんきょくせいふくまくえん)

2つに分けたのは、もちろん意味があります。
順番にも意味があります。
あたりまえですが・・・・

それぞれを見て行きましょう

急性虫垂炎穿孔(きゅうせいちゅうすいえんせんこう)

急性+虫垂炎+穿孔

急性:突然の
虫垂炎:大腸の先っぽに付いている虫垂の炎症
穿孔:穴が空くこと

場所は、右下の下腹部あたりになります。
症状として感じるのは、最初はみぞおち辺りの痛みから始まる可能性が高く。
食欲不振や発熱を伴うこともあります。

それが、症状が進むに伴って、右下腹部の方へ痛みが移っていきます。

この炎症が起こる原因ですが、虫垂に何らかの異物がたまり
そこで細菌が繁殖すると腸管の粘膜にて炎症が起こります。
それがひどくなっていくと、腸の外側へも広がり

更にひどくなると、虫垂が壊死(死んでしまう)を起こし穿孔 穴が開いてしまいます。

虫垂炎には、いろんな段階が有り
カタル性<化膿性<壊疽性<穿孔性  というような呼び方で分けられます。
(右のほうがより症状が進んだ状態です。)

診断はかつては難しかったそうですが、CTスキャンにより
虫垂の状態 炎症を起こして大きくなっていないか?を正確に診断できるようになっています。

限局性腹膜炎(ゲンキョクセイフクマクエン)

急性虫垂炎穿孔が起こった結果として、併発するのが
限局性腹膜炎になります。

虫垂に穴が開いてしまうと、膿(うみ)や腸液が漏れてしまいます。
それが腹膜に付いて、その部分が炎症を起こし腹膜炎となります。

より一歩症状が進んでしまったことになります。

腹膜炎が出ると、痛みはいっそう激しくなります。
ただ範囲が限局 つまり限られた状態になっているということです。

ちなみに腹膜とは、内臓の臓器全体を覆っている膜。
半透明です。

急性虫垂炎穿孔 限局性腹膜炎の治療

これは腹腔鏡での手術のようですね。

急性虫垂炎穿孔の時点で、まず外科的な手術となる場合がほとんどのようです。
穿孔がなければ、保存的な両方で、抗生剤で炎症を抑えることも可能。

急性とつくからには、激しい痛みもあるでしょう。
基本は手術で虫垂の切除になるでしょう。

手術は、切開と腹腔鏡の2つのやり方があります

薬で痛みを抑えることを、”散らす”という風に言うことがあります。
カタル性の場合などが基本。

治療法も、どんどん改善されていくので、もっと簡単な方法が出てくるかもしれません。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年3月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ