sponsered link

黄色靭帯骨化症 症状や治療方法は

黄色靭帯骨化症(おうしょくじんたいこっかしょう) 非常に珍しい病気です。
原因が分かっておらず、国の難病に指定されています。

背骨(脊椎)を形成している椎骨(ついこつ)を、いろいろな筋肉や靭帯でつなぎ固定しています。
黄色靭帯とは、その中で背骨の後ろ側で、椎骨の椎弓と呼ばれる部分を上下につないでいる靭帯です。
色が黄色みがかっているので、黄色と名前が付いているのだそうです。

本来は、柔らかく柔軟に動く事ができる黄色靭帯が硬くなり、骨化してしまう病気です。

ですから、X線写真やCT,MRIで、靭帯と違うように写る。
骨化ですから、骨が映るはずのない部分に骨が見られるということですね。

それが1箇所だけでなく、複数ヶ所に出ることも特徴です。

後縦靱帯骨化症も非常に似た病気で、臨床例は黄色靭帯骨化症 より豊富にあります。
参考になると思います。

黄色靭帯骨化症の症状は

黄色靭帯の骨化に伴い、体積が大きくなって膨らみます。
これが脊柱管内の神経を圧迫し始めると、様々な症状として現れてきます。

痛みや痺れの症状が現れてきます。
具体的には
・手足 や 身体に 痛みや痺れ 、感覚が麻痺する
・手足や体を思うように動かすことが出来ない
・排尿や排便に障害が出る
・背骨の可動範囲が狭くなる
・手足の腱の反射がおかしくなる

症状が進むに連れ、長い距離を連続で歩くことができなくなる。
ついには、完全な歩行困難になるなど、通常の日常生活を送ることは困難になります。

ただ骨化する場所によっては、全く症状が現れない人もいるそうです。

黄色靭帯骨化症の治療方法

黄色靭帯骨化症は、原因が分かっていませんから根本的な治療というものはありません

ほぼ、椎間板ヘルニア似なたような治療になってきます。
安静にして炎症を抑える薬などで、症状がおさまらないか。

痛みがひどい場合はブロック注射といって、神経の部分に麻酔注射をして神経を麻痺させて痛みを感じにくくさせるものです。
患部の血流改善 や 炎症を起こしている神経を回復させる効果もあります。

これらでうまくいかない場合は、最終手段として外科手術になります。
骨になって神経を圧迫している部分を手術によって取り除く

手術後の入院と通院を含めて2~3ヶ月程度の時間が必要になります。

手術によってどの程度症状が改善するのかは人によって異なります。
ただ、早めに処置をしたほうが良い効果を望めるようです。

黄色靭帯骨化症になりやすい人は

この病気は遺伝という説もありますが、いまのとところきちんと証明はされていません。
20歳以降の成人にみられますが、一般的には40歳をこえたあたりから黄色靭帯骨化症になる人が増えてきます。

男性と女性の差は、特にありません。

 

 

黄色靭帯骨化症と診断されたプロ野球選手 巨人の越智大祐投手
手術を受け復帰を目指しています。

症状として、最初 右足に痺れが出て それが左足にも現れ
膝から下の部分がしびれてしまい、階段も登ったりするこ困難になる。

こんな状態になったそうです。痛みは感じなかったそうです。

術後は順調に回復をしているようで、1軍復帰を目指しています。
公式戦のマウンドに再び立つ姿をぜひとも見たいですね。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年3月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ