sponsered link

水出しコーヒー 簡単に美味しく淹れるには

水出しコーヒー コーヒー好きなら気なる言葉ですよね。coffee
通常飲むコーヒーは、コーヒー豆から、コーヒの成分を引き出すのにお湯を使います。
沸騰した水(お湯)水とくらべれば、別物であることは簡単に想像がつきます。

だからといって、ホットコーヒーが無いわけではありません。
アイスコーヒ専用というわけではなく、水で抽出してから温めればいいだけですから。

水出しコーヒーを自分で入れることも可能です。
お手軽で簡単なやり方から、本格的な器具を用いるものまで
美味しく入れつコツなども紹介していきます。

なぜ水出しコーヒーは美味しいのか

好みもあるので、すべての人が美味しく感じるかは微妙なところですが。
基本的にサッパリした味わいが特徴になってきます。

熱湯でドリップすると、一般的に水でコーヒーの成分を抽出するのに
コーヒー豆の 雑味成分も多く抽出されます。
(それが複雑な味になったりもするのですが)

苦味や渋味がないので、スッキリ飲みやすいということが特徴になります。
甘みも感じやすいです。

酸味や渋みなどを好む人にとっては、なんだか物足らないという印象を受けるかもしれません。

簡単な水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒーは、独特の器具がなければ作れないかというと
全くそんなことはありません。

味はともかく、やり方は簡単です。
コーヒー豆を、水の中へ入れてコーヒー成分が出てくるのをじっと待つ

あとは、コーヒ豆を取り除けばいいわけです。
そのやり方として
・予め粉を袋などに入れておくか
・あとからフィルターで濾すか

厳密に見れば、上の動画のように
水のポットの中に直接入れたほうが、たくさんの水とコーヒー豆が触れますから
コーヒーは出やすくはなるでしょう。

予め、ティーパックに入れて水の中へ沈めてもあまり変わらないと思います。
(袋の中にコーヒー豆をにギューギューに詰めるのはあまり良くないと思いますが・・・)

水出しコーヒー専用のポットもあります

簡単に水出しコーヒーを作るためのポットもあります。
ストレーナーごと水の中に沈める感じですね。

手間なく作りたいひとには、非常に便利だと思います。

専用の器具を使って水出しコーヒーを淹れる

趣味でコーヒーを淹れるのであれば、待つ時間も楽しいもの。
専用のドリッパーを使います。
抽出には時間と手間がかかりますが、それも嬉しい瞬間。

ドリッパーぽとぽとと落ちる水滴
2時間から3時間程度かかります。

雰囲気も出ますから、珈琲の味わいをより引き立ててくれますね。
業務用ですが、やっぱり本格的な感じ・・・
それがいいんです。

趣味には多少のムダなどがあるのが、ゆとりがあっていいです。
器具をうまく扱って、美味しいコーヒーが入れられたら最高です。

より美味しく水出しコーヒーを淹れるためには

コーヒーを淹れる時に絶対に必要なものがあります。
コーヒー豆
これらがあって、どうやってコーヒーの美味しいところを抽出するかですね。

水出しコーヒーは、どんなコーヒ豆でも作ることはできます
しかし、この方法に合ったコーヒー豆はあるといっていいでしょう。

もともと水出しコーヒーの方法が考えたれたのが
ロブスタ種のくさみを消すためだからです。
このロブスタ種は苦味が強く、通常はアラビカ種とブレンドされます。
(アラビカ種が主役です)

ただロブスタ100%はなかなか口にあう人はいないでしょう。
コーヒーの風味などは、アラビカ種の方が好まれると思われます。

水出しコーヒーに使うコーヒー豆の場合、抽出に時間をかけるので酸味が出やすくなります。
ですから深入り焙煎したコーヒ豆のほうが適しています。

粉の挽き方は、細挽きにしてください。
これもコーヒーを抽出しやすくするためです。

水出しコーヒー用で、豆を挽いたものも売っているので、
オリジナルを求める前にそれで試してみてもいいですね。

水でも味が変わる

水に関しては、どこまでこだわるかということですが、水道水であれば
一旦沸騰っさせてカルキ飛ばしは最低限行いたいです。

家庭用の浄水器を通したものでもいいでしょう。
水出しの場合、水道水をそのまま使えてしまいますが

硬水にするか軟水にするか
このあたりは、お好みしだいです。

日本の水は基本的に軟水です。
マグネシウムやカルシウムなどのイオンの量が少ない水です。

ヨーロッパなどでは、主に硬水です。

ミネラルウォータを使う場合は、表示を見てコーヒーの味の違いを感じて見てください。

一般的?には、軟水のほうがコーヒー豆の旨味や風味が出やすいと言われます。
邪魔するものが少ないので、ストレートに味が出てくるのでしょう。
硬水だと、まろやかで滑らかさが出てきます。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年5月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:グルメ・食品

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ