nk細胞を活性化で がん や 風邪を予防

人間には、体内へ入ってきたバイキンや異物などから守るためにmeneki
非常に精巧な仕組みを持っています。

まさに神様からの贈り物とも言うべき
免疫機構

身の回りには、眼に見えない敵がいっぱいいます。

細菌やウィルスなどから体を守る 常に戦ってくれているのです。

白血球やリンパという言葉 一度は聞いた事あると思いますが
ざっくり リンパ球=免疫 と考えてよく

リンパ球を分類して、大きく分けると3種類あります。
T細胞 B細胞 そして NK細胞

NK細胞は、これらの中でも発見されたのが最も新しくまだ謎の部分も残されています。

nk細胞とは

nk細胞のnkは、natural killer の頭文字を取ったものです。

自然の生まれながらの殺し屋・・・・
恐ろしい感じの名前がついていますが、
それを自分の味方につければ頼もしいわけです。

あなたの体の中を、ぐるぐる巡っていて
出会った敵を倒していきます。

その標的となる敵は、
・風邪の細菌
・ウィルス
・がん細胞   などなど

HLA抗原を持たず、自分の細胞でないものを
2種類のアンテナでしっかり識別をして異物のみを攻撃します。
(HLA:Human Leukocyte Antigen)

パーフォリン:敵の細胞の細胞膜に穴を開けるタンパク
グランザイム:細胞を死に至らしめる細胞傷害 働き

これらの武器を持って戦ってくれるのがNK細胞です。

nk細胞を増やす 活性化させる

nk細胞は、体を守る防衛隊ですから
数が多ければ、体の中の異常に対して迅速に対処ができ
それだけ健康でいることが出来る確率が高いということになります。

かなり個人差があると言われていて、
風をひきやすいなどという人は、NK細胞が少なく元気が無い可能性があります。

とても力強い味方
nk細胞を増やす方法は、そんなに特別なことはありません。

nk細胞の基本的な性質

・nk細胞の活性化する時間帯
nk細胞も人間と同じように生活のリズムがあります。
自律神経と連動しています。
早朝に最も活発になり、真夜中は活動量が低下します。

(季節によっても異なるという説もあるようです。)

・精神的な部分が影響する
気分が良いとき や リラックスしているときはよく働き。
ストレスがあったり、落ち込んでいるときは働きが鈍る。

・加齢により衰える
40歳を過ぎた頃から、免疫機能は徐々に下り坂を迎えます。

nk細胞を元気にして増やす方法

基本的な背室のところにほとんど答えがあるのですが
風邪や病気になりにくい元気な体にするには
ガンの予防には
元気で活性したnk細胞が体の中にたくさんあるといいです。

基本的な生活習慣が大切で
・睡眠
・栄養のバランスがとれた食事
・適度な運動

非常に当たり前ですが、なかなか思うようにもならないもの。

ついつい夜更かし
お菓子を食べ過ぎたり
運動が億劫だったり  しますが

100点満点を目指すのではなく、80点で十分ですから
少しずつやっていきましょう。

より効率よくと考えるのであれば
いくつか方法があります。

特にNK細胞の活性を上げるもの

食べ物だと、シイタケ類が効果的です。
グルカンという多糖体が役に立ちます。

それから、腸の状態を整えること。
腸の中にはたくさんお役に立つ細菌がいて、免疫系の活性に関わる多くのものがあることもわかっています。
老化にも大きな影響を与えたり

乳酸菌などが、健康にいいのはよく言われることです。

インフルエンザに効果があるとされる R-1 乳酸菌
これも結局、免疫機構 NK細胞に働きかけるから効果があるようです。

精神的な面が絡む、笑うことも大きな効果があります。
(横隔膜が動くのも一因とも言われています。)

自然に笑いが多いことがいいのですが

無理に笑っても効果があります。
嫌なことがあってもなんとか笑いましょう。
ストレスも減りますし、気分も自然とよくなります。
(TPOも考える必要がありますが・・・)

笑いヨガという健康法もあるくらいです。

これらによって、NK細胞がたくさんで元気になれば
副作用のない まさに天然の抗癌剤ともいえるかもしれません。
(癌の原因によっても変わりますが)

元気で健康で長生きには、体の免疫機構をしっかり働かせて行くことが大切ですね。

タグ

2013年11月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

美味しいご飯の炊き方 炊飯器 それとも土鍋にする

ご飯は 毎日 食べる非常に重要な食物です。
日本人なら、少なくとも一日に一度は口にする
という人も多いはずです。

ご飯は、お米を水で炊くだけと調理としては非常に
単純といえば単純です。

毎日食べるだけに、調理仕方は当たり前になって
しまっています。

美味しいご飯を炊くには、幾つかのポイントが有ります。
ちょっと工夫するだけで変わります。

お米は活きている保管が大事

お米は、収穫された時から劣化が始まります。
特に精米されたあと、お米自身が直接 熱や空気にさらされます。
光も紫外線
酸素に触れることにより、酸化が起こり
風味などが失われていきます。

できれば、お米屋さんなどで、玄米から精米してもらうのが
スーパーなどで売られているものに比べて確実に新鮮な状態です。

それを1回で食べきる。。という訳には行きませんので
家庭で保管することになります。

ベストな場所は、冷蔵庫の野菜室
出来るだけ小分けにして、密封できるものがベストです。

ペットボトルを利用してもよいです。

美味しいご飯をたくためのお米の洗い方

洗うという表現よりは、研(と)ぐと言ったほうが
日本語としては、正確かもしれません。

お米についた汚れや余分な糠(ぬか)を落とすために水で洗います。

かつては、手のひらでギュギュとお米の音がするくらい
よく洗ったものですが・・・

いまは、そんなに洗う必要はありません。
なぜなら、精米技術の進歩があるからです。

水の中でかき混ぜるように、シャカシャカと
指でかき混ぜる感じです。
20~30回程度で十分です。

それよりも気をつけたいのは、水替えです。
特に最初のとぎ汁は、素早くお米と離してあげたいです。
せっ買う洗った成分が、再びお米に付いてしまうからです。

ですから、ざるにお米を入れて、それをさらにボウルへ
その状態で水を注いで、米を研ぎます。
ざる を上げれば簡単に水切りができます。

この方法を数回繰り返せば十分です。

水が全く濁らなくなるまで洗うのは、完全に洗いすぎになります。

水にもこだわる

ご飯は、材料としては お米 と 水のみです。

美味しいお米 というといろんなブランドが思い浮かびます。
その筆頭がコシヒカリ
最近では、品評会などでは九州のお米が評価されていますね。

一方でちょっと影が薄い感じが 水 です。
当然 美味しいご飯を炊くには重要です。

究極的には、そのお米の産地の水を使うのがベスト
という話は聞いたことありますが、現実的に難しいです。

水道水よりは、ミネラルウォーターがベター。
ここで間違えてはいけないのは、軟水を選ぶこと。
日本は軟水の国ですから、日本のコメには軟水が合います。

美味しいご飯

美味しいご飯の炊き方の仕上げ

ここまで来たら、あとはご飯を炊く段階に
電子ジャーであれば、釜に洗い終わったお米を入れて
水をお米の1.2倍程度入れます。
(お米を研いでいる時点で、ある程度水を吸っているので
多少少なくして、お米と同量程度でもOK)

スイッチを入れてあとはお任せになります。

電子ジャーも進歩していて、
お米に水を吸わせる時間もちゃんと取ってくれます。

すぐ炊き始めてしまう機種であれば、約30分程度置いておきます。

土鍋でこだわりの炊飯

さらにこだわるなら、土鍋でご飯を炊いてみてください。
土鍋の場合は、おこげを作ることができるので
あの香ばしさはなんとも言えない美味しさがあります。

土鍋にお米を入れて
水を入れて30分置いておき水を吸わせます。
これは重要です。

蓋をして、
最初は中火でゆっくり加熱していき沸騰させます。
10分程度たったら、弱火に火力を落とします。
そしてさらに、15分程度。

火を切ったら、ムラシをしっかり行います。
15分程度、蒸気を逃さないために土鍋の穴を塞ぎましょう。

おこげがほしい人は、最後に少し火力を上げるといいでしょう。

最後の仕上げで炊き上がったら
電子ジャーでも 土鍋でもすぐに、ご飯をほぐしましょう。

余分になった蒸気を追い出して、ご飯に空気を入れることで
粒同士がくっつかないようにするのです。

そうすることで、美味しさがより保たれます。

ご飯をこねないように気をつけてください。

美味しいご飯は、本当に甘くて美味しいです。
是非試してみてください。

タグ

2013年11月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:グルメ・食品

予防接種のスケジュール 赤ちゃんは忙しい

予防接種は、赤ちゃんにとって 母親からの贈り物である
免疫が3~8ヶ月頃にかけて失われていきます。

yobousessyu

その後は、病原菌などから体を守るために、

自分の力で免疫を作っていく必要があります。

かかると生命の危険や後遺症の可能性がある病気に対して
予めの準備をしておくためのものが予防接種”ワクチン”になります。

ですから、体の抵抗力が弱い乳幼児の時期に、
予防接種も集中してくるのです。

定期接種と任意接種

予防接種は、2つの種類に分けることが出来ます。
それが 定期接種と任意接種 になります。

定期接種は、国が法律 予防接種法 で定めたもの
状況によって見直されます。

目的は、個人の健康だけでなく、国の中での蔓延を防ぐという

意味合いが明記されています。

平成25年4月には
Hib感染症、肺炎球菌感染症、ヒトパピローマウイルス感染症が
定期に加えられました。

接種自体は各市町村が実施します。
料金は基本的にかかりません

任意接種は、接種自体は義務付けられてはいません。
が、基本的には受けておいた方がいいものです。

有料で料金が掛かりますが、適当に決めたものではなく
発症すると重大な事態成りかねない病気ですから軽視できるものではありません。

ちなみにアメリカなどでは、日本で任意接種のものが
かなりの部分、定期接種となっています。

赤ちゃんの予防接種のスケジュールを立てましょう

赤ちゃんは、意外と忙しいのです
生後2ヶ月頃から予防接種が始まり
大体1歳ころまでに一通りを終えることになります。

接種も連続では出来ません。

適切な間隔を取る必要があります。

うまくスケジュールを組み合わせないと、必要な免疫を獲得する
タイミングが遅くなり、それだけ病気に掛かってしまった場合の
リスクが高くなります。

生ワクチン と 不活化ワクチン

予防接種は、ワクチンの種類によって
次にワクチンを打てる間隔が異なります。

ワクチンには3種類があります。
1. 生ワクチン:生きたウィルスの毒性を弱くしたもの

2. 不活化ワクチン:ウィルスから毒性を取り除いたもの

3. トキソイド:これはウィルスの出す毒から、毒素をとったもの

基本的には、生ワクチン もしくは 不活化ワクチンが主なものです。
生ワクチンは接種後27日以上開ける必要があります。
不活化ワクチンは、接種後6日以上開ける必要があります。

不活化ワクチンのほうが、安全性が高いと言われますが
生ワクチンのほうが免疫が長く続くというメリトッもあります。

乳幼児が受ける予防接種の次期と種類

ここで、受けるべき 受けたほうが良い予防接種にかんして
時期とワクチンをまとめていきます。
(時期は1回目の接種時期を記してあります。)

定期接種

◆生後2ヶ月頃~
インフルエンザb型(Hib)ワクチン:不活性
接種回数:4回

肺炎球菌ワクチン:不活性
接種回数:4回

◆生後3ヶ月頃~12ヶ月頃
3種混合(DPT):不活性+トキソイド
ジフテリア/百日咳/破傷風
接種回数:4回

4種混合(DPT+不活性ポリオ)
ジフテリア/百日咳/破傷風/ポリオ
接種回数:4回

BCG:生ワクチン
結核
接種回数:1回

※混合ワクチンを載せていますが、それぞれ単独のワクチンもあります。
ただ実質的に、扱っているところは少なく
全て単独でとなるとスケジュール的にかなり
無理があるものになってしまいます。

◆12ヶ月頃~
MRワクチン(混合):生ワクチン
はしか/風疹
接種回数:2回(2回目は小学校入学前あたり)

◆3歳頃~
日本脳炎ワクチン:不活性
接種回数:3回

任意接種

◇生後2ヶ月頃~
B型肝炎ワクチン:不活性
接種回数:3回

ロタウィルスワクチン:生ワクチン
接種回数:1価 2回 , 5価 3回

◇12ヶ月頃~
水ぼうそうワクチン:生ワクチン
接種回数:2回

おたふくかぜワクチン:生ワクチン
接種回数:2回

※インフルエンザワクチンは、任意で6ヶ月以上で
毎年受けることが推奨されています。

接種の時期はできればかかりつけの小児科で

予防接種の定期接種にかんしては、予診票(接種券)が必要です。
もしなければ、管轄の自治体へ問い合わせをしましょう。

任意でも、自治体によっては公的な助成を受けられるものもあります。
きちんとチェックしましょう。

そしてこれらの接種は、出来だけ同じ所で受けたほうがいいです。

いわゆる「かかりつけ医」ですが

接種歴や健康状態などを把握していますので
赤ちゃんの予防接種スケジュールを組むのにも
的確なアドバイスをもらえます。

さらには、同時接種という本数や組み合わせの制限はないので
相談をして有効に活用するのも重要です。

親としては、副作用の問題もありますのできちんとした上を得て納得した上で
赤ちゃんに予防接種を受けさせてあげてください。
(受けさせないという権利も認められているということを付け加えておきます。)

タグ

2013年11月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

このページの先頭へ