日傘でUVカット 男性にも有効な対策

higasa日傘は、屋外で紫外線が肌に当たるのを防いでくれます。

日傘の効果は、その材質や使い方によっても変わってきますが
紫外線を防ぐという目的で使う人にとって害となる部分が無い点がとてもいいですね。

日焼け止めクリームなどももちろん効果はあります
しかし、多かれ少なかれ肌に対する負担は必ずあります。
異物を表面に塗るわけですから。

基本的に化粧などをしない男性にとっては、
こまめに日焼け止めを塗るのは非常に面倒ですし
肌の感触も良くないです。

手軽に日傘を使って有効に紫外線を防いでいきたいですね。

ビジネスでも夏に汗いっぱいで暑苦しく営業するのは・・・

UV 紫外線とは

そもそもUV 紫外線とは何なのか。
UV:Ulutra Violet
Violetは紫色で、それをさらに超えているものということです。

光としては、物理的に表すと、波長が短い光になります。
持っているエネルギーは強いです。

紫外線は人間の肌などにとって基本的には有害なものです。

日焼けは、人間にとって有害な紫外線が身体の奥深くへ入って行かないようにする
人間の防御機構なのです。
(メラニン色素でUVを吸収するんですね。)

地球の大気において、紫外線が吸収されて地表までに届く量が減るので
人間は生きていくことができます。

ただ全てにおいて悪者というわけではなく、
有効に利用しているところもあります

・工業的には、紫外線を活用して製品を作ったりしています。
・紫外線を適度に浴びることによって、人間の体はビタミンDを作りだします

紫外線に対する弱さは

女性と男性を比較して紫外線に対してどちらが強い弱いという違いはありません。
ですから、紫外線対策は男女関係なく行ったほうが良いです。

ただ、女性のほうが肌に関して、
シミ や シワに対して気を遣いますし、美白に対する意識も高いです。

紫外線に対する肌の強さの目安はどう見ればいいか。
簡単に見分ける方法があります。

それは、いままで日焼けした時にどうなったか?
・真っ赤になって、ヒリヒリする状態になる
・あまり黒くならずに、白い肌に戻る

このようなタイプの人は、紫外線(UV)に対して、弱い肌質といえます。

これがさらにひど状態の人もいて
”紫外線過敏症”という病気と診断される場合もあります。

本当にきちんと知りたければ、皮フ科に受診した方がいいかもしれません。

どんな日傘が有効か

本来、紫外線ケアにかんして男女の差はありません。
男性も出来る範囲で紫外線対策を行うべきで、
一番手軽で有効な手段の1つが日傘になります。

いまだと、紫外線の透過率が表示されていたりするので
紫外線をより通しにくいものを選ぶと良いでしょう。

雨天も兼用で使えるものが、より便利に使えます。

もし、表示などがなければ、目安になりますが
日傘の色は濃い色 黒色が一般的に紫外線の透過率が低いです。
銀色など光を反射するのも有効です。(外側のみ!)
傘の材質からすれば、綿のものよりも、ポリエステルなどの化学繊維のほうが紫外線を通しにくいです。

そして絶対にこれだけは外してほしくないポイント
超重要”傘の内側の色
白やシルバーは最悪です。

紫外線は、太陽から直接来る光だけはありません。
色んな所から反射もしてきます。
言わつる照り返しというものですね。

それが傘の内側で反射してしまうと、わざわざ光(紫外線を含む)を
集めていることになります。

男性用日傘

ちゃんと男性用として企画作製された日傘が販売されています。
やはりシンプルなデザインが多いですね。

(いろいろ見ていると内側が銀色のもの見かけたのですが何故に・・・・)

もうちょっと柄が入っていてもいいかもしれません。
外側がシルバーだと、晴れの日につかっても日傘だとわかりやすいですね。

夏場だと、紫外線だけでなく
日除け効果で、熱中症対策など体調管理にも有効です。
自分専用の快適な日陰スペースです。

日傘男子はどのように見られている

日傘を使う男性は増えてきています。
これからも徐々に増えていくでしょう。

男性としてはちょっと気になるのは、女性からの目線ですね。。

正直、あまりポジティブな見方をする人は少ないようです。
ひ弱く映ってしまうのでしょうか。
それも、時間が解決してくれることだと思います。

日本も残念ながら、温暖化の影響か年々暑くなって来ていますし
紫外線過敏症などを患っている人には、必須とも言えるものです。

曇りの天気でも紫外線は要注意

紫外線対策を油断してしまいがちなのが、曇の日。
そんな時も、晴れの時に比べれば少ないですが
特に春から夏の時期では、多くの紫外線が降り注いでいます。

大体、晴れを100%とすると、曇では70%くらいの量になります。
(曇り具合にもよります。)

雨が降っているような状態だと2割程度になるのですが、
実はその状態であっても、冬の晴天と同じくらいの紫外線量だったりします。

また、紫外線は目のケアもお忘れなく。
基本はサングラスになりますが、イメージが・・・
樹脂レンズの伊達メガネだけでもかなり紫外線は軽減されます。
将来、白内障になるリスクもできるだけ下げたいです。

ちょっと話が脇道にそれましたが、
日傘を男性が使うのは全然おかしくないと思います。

特に夏の炎天下では、熱中症や熱射病を防ぐ手立てにもなります。
雨傘との兼用であれば、突然の夕立にも対処出来ます。
(雷だとちょっと考えないといけないですが・・・・)

まさに色んなことから身を守ってくれる日傘
道具としてスマートに上手く使いこなしたいものです。

 

タグ

2013年5月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:生活

緑のカーテン 初心者が上手く作る方法は いつ作り始めるの

goya 暑い季節になってきます。
いかにその暑さをしのぐかも、工夫が必要です。

電気料金もあがり、さらに電気自体不足する可能性もあり
エアコンでガンガンお構いなく冷やすのは時代に合いません。
とはいえ、我慢をして健康を害するのも・・・

家で夏を涼しく過ごすのに重要なのは、光のコントロールです。
家の中に入る光は、カーテンで調整出来ますが、強い光がすでに家の中まで入ってきています。

外側である程度調整するのに、最適なものとして緑のカーテンがあります。
緑のカーテンには、いろんな良いことがあります。

いつから作り始めるかといえば、5月から6月頃になります。

緑のカーテンの利点

・見た目にも涼しげで、自然に遮光できる
・蒸散効果があって涼しい
・ガーデニングとしても楽しむことができる
・カーテンによっては、収穫も楽しむことができる
・エコの意識が芽生える

※蒸散効果:植物の葉が光を浴びて光合成をしたりしますが、水も蒸発します。
その時の気化熱で温度が下がること。

緑のカーテンは楽しみながら出来る避暑対策ですね。
悪い点は・・・
やっぱり、それなりの手間がかかることでしょうか。

緑のカーテン初心者にオススメは

初心者が緑のカーテンでの成否を握るのは、一番最初で決まります。
何を植えるか?
元気に育てやすく、収穫も得られるので
1つオススメをあげるなら、ゴーヤですね。

定番といえばそうなのですが、人気があるのは
簡単に育ちやすいからです。

ただ、いくつか注意点というかコツがあります。

緑のカーテンを上手く作るには

今回はベランダでも出来るということで、プランターに植えるという前提で説明していきます。
土に直植えできるところはしてもいいですが、
最終的に撤去するこことが前提なので、場所にかかわらずオススメです。

【苗植え】

苗植えが一番のポイントといっていいかもしれません。

・プランターはケチらず大きなものを選ぶ。
根が伸びるスペースが無ければ、大きく育てません。
目安として、苗の間(両側)が20~30㎝空けること
具体的には、70cm級のプランターであれば、2本の苗を植えることになります。
深さも出来ればあったほうがいいですね。

・苗は必ず2本以上植える
非常に不思議な感じもすするのですが、事実です。
競わせると育ちが良くなります。
(種を残すために、何らかのセンサがあるのでしょうね。)

【摘心を行う】

最初に植えたまま、勝手に伸びるままにしておくと上手くカーテンになりません。
しっかりしたカーテンにするには誘引と摘心が必須です。
緑のカーテンが思いのままに広がるように
※摘心:芽を摘む事

・誘引
そのネットに、きちんと這わせるために、
つるをひもでネットへ軽く結びます。

・摘心のタイミング
カーテンにするためにネットを張ります。
親づるが大体1mくらいの大きさになったら行います。
伸びている芽を5cmくらい切ります。
⇒脇芽が伸びてきます。(子づる)

子づるが伸びたら再び、摘心をして、孫づるを伸ばします。

greencurtain

【水やり と 肥料】

水やりは植物栽培の一番の基本です。

植えた直後は時期的にもまだ涼しいので、
水やりしすぎると根腐れに要注意です。
2,3日に一度たっぷり プランターの底から水が染みてくる程度に。

しっかりどゴーヤが伸びる7月頃からは、1日1回に
カーテンがしっかり出来た8月、9月あたりは
朝夕2回タップリと、日中は避けるほうが無難です。

あまりに乾燥して、日中に萎れてしまうのであれば
敷藁やマルチをしてあげてもいいかと思います。
その人の育てている環境次第です。
(※ビニールマルチ:畑などで見かける黒いビニール)

肥料は最初を土に混ぜておいて
だいたい土を買えば混ぜてあるようなのも売っています。
花がさく頃に、固形肥料を追肥します。
根本から離れたところにおくのが基本です。

ゴーヤは虫もつきにくく育てやすいので、一番最初に緑のカーテン作るのにオススメです。
ちゃんと実も収穫して食べてくださいね。。。

タグ

2013年5月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:生活

水出しコーヒー 簡単に美味しく淹れるには

水出しコーヒー コーヒー好きなら気なる言葉ですよね。coffee
通常飲むコーヒーは、コーヒー豆から、コーヒの成分を引き出すのにお湯を使います。
沸騰した水(お湯)水とくらべれば、別物であることは簡単に想像がつきます。

だからといって、ホットコーヒーが無いわけではありません。
アイスコーヒ専用というわけではなく、水で抽出してから温めればいいだけですから。

水出しコーヒーを自分で入れることも可能です。
お手軽で簡単なやり方から、本格的な器具を用いるものまで
美味しく入れつコツなども紹介していきます。

なぜ水出しコーヒーは美味しいのか

好みもあるので、すべての人が美味しく感じるかは微妙なところですが。
基本的にサッパリした味わいが特徴になってきます。

熱湯でドリップすると、一般的に水でコーヒーの成分を抽出するのに
コーヒー豆の 雑味成分も多く抽出されます。
(それが複雑な味になったりもするのですが)

苦味や渋味がないので、スッキリ飲みやすいということが特徴になります。
甘みも感じやすいです。

酸味や渋みなどを好む人にとっては、なんだか物足らないという印象を受けるかもしれません。

簡単な水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒーは、独特の器具がなければ作れないかというと
全くそんなことはありません。

味はともかく、やり方は簡単です。
コーヒー豆を、水の中へ入れてコーヒー成分が出てくるのをじっと待つ

あとは、コーヒ豆を取り除けばいいわけです。
そのやり方として
・予め粉を袋などに入れておくか
・あとからフィルターで濾すか

厳密に見れば、上の動画のように
水のポットの中に直接入れたほうが、たくさんの水とコーヒー豆が触れますから
コーヒーは出やすくはなるでしょう。

予め、ティーパックに入れて水の中へ沈めてもあまり変わらないと思います。
(袋の中にコーヒー豆をにギューギューに詰めるのはあまり良くないと思いますが・・・)

水出しコーヒー専用のポットもあります

簡単に水出しコーヒーを作るためのポットもあります。
ストレーナーごと水の中に沈める感じですね。

手間なく作りたいひとには、非常に便利だと思います。

専用の器具を使って水出しコーヒーを淹れる

趣味でコーヒーを淹れるのであれば、待つ時間も楽しいもの。
専用のドリッパーを使います。
抽出には時間と手間がかかりますが、それも嬉しい瞬間。

ドリッパーぽとぽとと落ちる水滴
2時間から3時間程度かかります。

雰囲気も出ますから、珈琲の味わいをより引き立ててくれますね。
業務用ですが、やっぱり本格的な感じ・・・
それがいいんです。

趣味には多少のムダなどがあるのが、ゆとりがあっていいです。
器具をうまく扱って、美味しいコーヒーが入れられたら最高です。

より美味しく水出しコーヒーを淹れるためには

コーヒーを淹れる時に絶対に必要なものがあります。
コーヒー豆
これらがあって、どうやってコーヒーの美味しいところを抽出するかですね。

水出しコーヒーは、どんなコーヒ豆でも作ることはできます
しかし、この方法に合ったコーヒー豆はあるといっていいでしょう。

もともと水出しコーヒーの方法が考えたれたのが
ロブスタ種のくさみを消すためだからです。
このロブスタ種は苦味が強く、通常はアラビカ種とブレンドされます。
(アラビカ種が主役です)

ただロブスタ100%はなかなか口にあう人はいないでしょう。
コーヒーの風味などは、アラビカ種の方が好まれると思われます。

水出しコーヒーに使うコーヒー豆の場合、抽出に時間をかけるので酸味が出やすくなります。
ですから深入り焙煎したコーヒ豆のほうが適しています。

粉の挽き方は、細挽きにしてください。
これもコーヒーを抽出しやすくするためです。

水出しコーヒー用で、豆を挽いたものも売っているので、
オリジナルを求める前にそれで試してみてもいいですね。

水でも味が変わる

水に関しては、どこまでこだわるかということですが、水道水であれば
一旦沸騰っさせてカルキ飛ばしは最低限行いたいです。

家庭用の浄水器を通したものでもいいでしょう。
水出しの場合、水道水をそのまま使えてしまいますが

硬水にするか軟水にするか
このあたりは、お好みしだいです。

日本の水は基本的に軟水です。
マグネシウムやカルシウムなどのイオンの量が少ない水です。

ヨーロッパなどでは、主に硬水です。

ミネラルウォータを使う場合は、表示を見てコーヒーの味の違いを感じて見てください。

一般的?には、軟水のほうがコーヒー豆の旨味や風味が出やすいと言われます。
邪魔するものが少ないので、ストレートに味が出てくるのでしょう。
硬水だと、まろやかで滑らかさが出てきます。

タグ

2013年5月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:グルメ・食品

このページの先頭へ