nk細胞を活性化で がん や 風邪を予防

人間には、体内へ入ってきたバイキンや異物などから守るためにmeneki
非常に精巧な仕組みを持っています。

まさに神様からの贈り物とも言うべき
免疫機構

身の回りには、眼に見えない敵がいっぱいいます。

細菌やウィルスなどから体を守る 常に戦ってくれているのです。

白血球やリンパという言葉 一度は聞いた事あると思いますが
ざっくり リンパ球=免疫 と考えてよく

リンパ球を分類して、大きく分けると3種類あります。
T細胞 B細胞 そして NK細胞

NK細胞は、これらの中でも発見されたのが最も新しくまだ謎の部分も残されています。

nk細胞とは

nk細胞のnkは、natural killer の頭文字を取ったものです。

自然の生まれながらの殺し屋・・・・
恐ろしい感じの名前がついていますが、
それを自分の味方につければ頼もしいわけです。

あなたの体の中を、ぐるぐる巡っていて
出会った敵を倒していきます。

その標的となる敵は、
・風邪の細菌
・ウィルス
・がん細胞   などなど

HLA抗原を持たず、自分の細胞でないものを
2種類のアンテナでしっかり識別をして異物のみを攻撃します。
(HLA:Human Leukocyte Antigen)

パーフォリン:敵の細胞の細胞膜に穴を開けるタンパク
グランザイム:細胞を死に至らしめる細胞傷害 働き

これらの武器を持って戦ってくれるのがNK細胞です。

nk細胞を増やす 活性化させる

nk細胞は、体を守る防衛隊ですから
数が多ければ、体の中の異常に対して迅速に対処ができ
それだけ健康でいることが出来る確率が高いということになります。

かなり個人差があると言われていて、
風をひきやすいなどという人は、NK細胞が少なく元気が無い可能性があります。

とても力強い味方
nk細胞を増やす方法は、そんなに特別なことはありません。

nk細胞の基本的な性質

・nk細胞の活性化する時間帯
nk細胞も人間と同じように生活のリズムがあります。
自律神経と連動しています。
早朝に最も活発になり、真夜中は活動量が低下します。

(季節によっても異なるという説もあるようです。)

・精神的な部分が影響する
気分が良いとき や リラックスしているときはよく働き。
ストレスがあったり、落ち込んでいるときは働きが鈍る。

・加齢により衰える
40歳を過ぎた頃から、免疫機能は徐々に下り坂を迎えます。

nk細胞を元気にして増やす方法

基本的な背室のところにほとんど答えがあるのですが
風邪や病気になりにくい元気な体にするには
ガンの予防には
元気で活性したnk細胞が体の中にたくさんあるといいです。

基本的な生活習慣が大切で
・睡眠
・栄養のバランスがとれた食事
・適度な運動

非常に当たり前ですが、なかなか思うようにもならないもの。

ついつい夜更かし
お菓子を食べ過ぎたり
運動が億劫だったり  しますが

100点満点を目指すのではなく、80点で十分ですから
少しずつやっていきましょう。

より効率よくと考えるのであれば
いくつか方法があります。

特にNK細胞の活性を上げるもの

食べ物だと、シイタケ類が効果的です。
グルカンという多糖体が役に立ちます。

それから、腸の状態を整えること。
腸の中にはたくさんお役に立つ細菌がいて、免疫系の活性に関わる多くのものがあることもわかっています。
老化にも大きな影響を与えたり

乳酸菌などが、健康にいいのはよく言われることです。

インフルエンザに効果があるとされる R-1 乳酸菌
これも結局、免疫機構 NK細胞に働きかけるから効果があるようです。

精神的な面が絡む、笑うことも大きな効果があります。
(横隔膜が動くのも一因とも言われています。)

自然に笑いが多いことがいいのですが

無理に笑っても効果があります。
嫌なことがあってもなんとか笑いましょう。
ストレスも減りますし、気分も自然とよくなります。
(TPOも考える必要がありますが・・・)

笑いヨガという健康法もあるくらいです。

これらによって、NK細胞がたくさんで元気になれば
副作用のない まさに天然の抗癌剤ともいえるかもしれません。
(癌の原因によっても変わりますが)

元気で健康で長生きには、体の免疫機構をしっかり働かせて行くことが大切ですね。

タグ

2013年11月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

予防接種のスケジュール 赤ちゃんは忙しい

予防接種は、赤ちゃんにとって 母親からの贈り物である
免疫が3~8ヶ月頃にかけて失われていきます。

yobousessyu

その後は、病原菌などから体を守るために、

自分の力で免疫を作っていく必要があります。

かかると生命の危険や後遺症の可能性がある病気に対して
予めの準備をしておくためのものが予防接種”ワクチン”になります。

ですから、体の抵抗力が弱い乳幼児の時期に、
予防接種も集中してくるのです。

定期接種と任意接種

予防接種は、2つの種類に分けることが出来ます。
それが 定期接種と任意接種 になります。

定期接種は、国が法律 予防接種法 で定めたもの
状況によって見直されます。

目的は、個人の健康だけでなく、国の中での蔓延を防ぐという

意味合いが明記されています。

平成25年4月には
Hib感染症、肺炎球菌感染症、ヒトパピローマウイルス感染症が
定期に加えられました。

接種自体は各市町村が実施します。
料金は基本的にかかりません

任意接種は、接種自体は義務付けられてはいません。
が、基本的には受けておいた方がいいものです。

有料で料金が掛かりますが、適当に決めたものではなく
発症すると重大な事態成りかねない病気ですから軽視できるものではありません。

ちなみにアメリカなどでは、日本で任意接種のものが
かなりの部分、定期接種となっています。

赤ちゃんの予防接種のスケジュールを立てましょう

赤ちゃんは、意外と忙しいのです
生後2ヶ月頃から予防接種が始まり
大体1歳ころまでに一通りを終えることになります。

接種も連続では出来ません。

適切な間隔を取る必要があります。

うまくスケジュールを組み合わせないと、必要な免疫を獲得する
タイミングが遅くなり、それだけ病気に掛かってしまった場合の
リスクが高くなります。

生ワクチン と 不活化ワクチン

予防接種は、ワクチンの種類によって
次にワクチンを打てる間隔が異なります。

ワクチンには3種類があります。
1. 生ワクチン:生きたウィルスの毒性を弱くしたもの

2. 不活化ワクチン:ウィルスから毒性を取り除いたもの

3. トキソイド:これはウィルスの出す毒から、毒素をとったもの

基本的には、生ワクチン もしくは 不活化ワクチンが主なものです。
生ワクチンは接種後27日以上開ける必要があります。
不活化ワクチンは、接種後6日以上開ける必要があります。

不活化ワクチンのほうが、安全性が高いと言われますが
生ワクチンのほうが免疫が長く続くというメリトッもあります。

乳幼児が受ける予防接種の次期と種類

ここで、受けるべき 受けたほうが良い予防接種にかんして
時期とワクチンをまとめていきます。
(時期は1回目の接種時期を記してあります。)

定期接種

◆生後2ヶ月頃~
インフルエンザb型(Hib)ワクチン:不活性
接種回数:4回

肺炎球菌ワクチン:不活性
接種回数:4回

◆生後3ヶ月頃~12ヶ月頃
3種混合(DPT):不活性+トキソイド
ジフテリア/百日咳/破傷風
接種回数:4回

4種混合(DPT+不活性ポリオ)
ジフテリア/百日咳/破傷風/ポリオ
接種回数:4回

BCG:生ワクチン
結核
接種回数:1回

※混合ワクチンを載せていますが、それぞれ単独のワクチンもあります。
ただ実質的に、扱っているところは少なく
全て単独でとなるとスケジュール的にかなり
無理があるものになってしまいます。

◆12ヶ月頃~
MRワクチン(混合):生ワクチン
はしか/風疹
接種回数:2回(2回目は小学校入学前あたり)

◆3歳頃~
日本脳炎ワクチン:不活性
接種回数:3回

任意接種

◇生後2ヶ月頃~
B型肝炎ワクチン:不活性
接種回数:3回

ロタウィルスワクチン:生ワクチン
接種回数:1価 2回 , 5価 3回

◇12ヶ月頃~
水ぼうそうワクチン:生ワクチン
接種回数:2回

おたふくかぜワクチン:生ワクチン
接種回数:2回

※インフルエンザワクチンは、任意で6ヶ月以上で
毎年受けることが推奨されています。

接種の時期はできればかかりつけの小児科で

予防接種の定期接種にかんしては、予診票(接種券)が必要です。
もしなければ、管轄の自治体へ問い合わせをしましょう。

任意でも、自治体によっては公的な助成を受けられるものもあります。
きちんとチェックしましょう。

そしてこれらの接種は、出来だけ同じ所で受けたほうがいいです。

いわゆる「かかりつけ医」ですが

接種歴や健康状態などを把握していますので
赤ちゃんの予防接種スケジュールを組むのにも
的確なアドバイスをもらえます。

さらには、同時接種という本数や組み合わせの制限はないので
相談をして有効に活用するのも重要です。

親としては、副作用の問題もありますのできちんとした上を得て納得した上で
赤ちゃんに予防接種を受けさせてあげてください。
(受けさせないという権利も認められているということを付け加えておきます。)

タグ

2013年11月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

RSウイルスの症状は?赤ちゃんではとくに気をつけたい

RSウィルス

RSウィルス 寒い時期に流行する
ウィルス性の感染症です。

簡単にいえば、風邪なのです。

しかし場合によっては、非常に厄介なものとなることもあります。
インフルエンザに比べ危険とされる割に、あまりよく知られていません。

赤ちゃんなどの幼児にとっては、インフルエンザよりも危険なこともあります。

冬の時期には、十分注意したいものです。

RSウィルスの症状

RSウィルスは大人がかかった場合は、
本当に風邪の症状が出るのみで、重症化することはまずありません。

呼吸器系の感染症であり症状は

・鼻水
・咳
・発熱

まさに典型的な風邪症状です。
普通に「風引いちゃったな」くらいのことで、気に留めることは少ないです。

しかし、それが赤ちゃんになってくると、事情が異なります。
非常に思い症状 肺炎、気管支炎となるケースが有ります。

赤ちゃんなどの乳幼児の、肺炎の50%
気管支炎ともなると80%程度が RSウィルスが原因であると言われています。

呼吸困難がある場合には、入院も必要になります。

特に乳幼児で気をつけたいのは
◆ゼーゼーと呼吸が苦しそう
◆タンがあるような雑音が交じる咳

これら症状で呼吸が苦しそうな場合。
喘息の元になってしまうこともあります。

まさに命にも関わる病気ともなりかねません。
海外などでは、インフルエンザ以上に警戒されています。

RSウィルスを予防するには

RSウィルスへの感染を防ぐには
どのようにRSウィルスが広がっていくかを知っていれば
対策を考えることが出来ます。
RSウィルス うがい

感染が起こるのは、飛沫 もしくは 接触によるものです。
空気感染は、確認されていません。

RSウィルスが鼻の粘膜や喉、眼結膜に付着して、体内へ入っていきます。

ですから、予防する方法は
風邪の予防の基本と同じ
です。

「手洗い、うがい、栄養、睡眠・・・」

ただ、乳幼児の場合は、難しい面もあります。
赤ちゃんは、”うがい”なんか出来ないですよね

菌を持ち込まないように、周りの大人が気をつけることになります。
また、人混みや 幼児がたくさんいる場所へできるだけ行かないなども有効です。

呼吸器系に影響が出やすい病気ですから、
タバコは呼吸器系 喉に悪く、
吸う人自身だけでなく、周りに対しても影響が大きく
RSウィルスに対しての抵抗力を下げてしうことも知っておきましょう。

非常に当たり前と感じることが
RSウィルスの予防ということにつながります。

冬に流行る風邪ですから環境としては、部屋の湿度が低くならないように
加湿器等を利用しましょう。

抗体ができにくいRSウィルス

RSウィルス これだけ危険性が認識され、感染力も強いのですが
インフルエンザのような、ワクチン(予防接種)もなければ
特効薬もありません。

通常の風邪であれば、一度掛かったものは
免疫が出来上がって同じ風邪はひかなくなります。

ただ、RSウィルスにたいする免疫を獲得するのは
人間にとって何故か難しく、数回ウィルスが体内に入って
ようやく影響が小さくできるという状態になります。

ですから、誰もが3歳くらいまでには、
知らず知らずに何度かRSウィルスに掛かってしまっている
ものでもあります。

繰り返しになりますが、体力がまだ順分ではない、赤ちゃんに関しては
仕方ないと考えず十分注意しましょう。

RSウィルスの治療方法は

RSウィルスにたいしての特効薬は無いので、出た症状に対して
その症状を軽減させる”対処療法”になってしまいます。

大体感染してから1週間程度で発症します。
体の中から菌がいなくなる状態になるのは、
1週間くらいが目処となるインフルエンザと比べると長くかかります。

最長で3週間程度の時間が必要な場合もあります。

それ以外には、全く何も無いかといえば
本当はそういうわけではなく
感染後の重症化を防ぐ注射薬(”パリビズマブ”という名前)は存在します。

ただし、非常に高価で
保険適応としてこれを使うには、先天的に疾患を持っている乳児などに限られます。

普通の町医者では受けられず、地域のある程度の規模の大きさの病院でないと
RSウィルスの注射薬は持っていませんので、
気になる場合は先に病院へ問い合わせたほうがいいです。
もしくは、最初に掛かった医師に紹介状を書いてもらうとか。

寒くなるとインフルエンザは、流行など非常に警戒されます。

赤ちゃんなどの乳幼児にとっては
実はインフルエンザよりも恐ろしいと言われることもある
「RSウィルス」

繰り返しになりますが、RSウィルスは体力がまだ十分ではない、
赤ちゃんに関しては、仕方ないと考えず感染予防をして十分注意していきましょう。

タグ

2013年9月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康

このページの先頭へ