水出しコーヒー 簡単に美味しく淹れるには

水出しコーヒー コーヒー好きなら気なる言葉ですよね。coffee
通常飲むコーヒーは、コーヒー豆から、コーヒの成分を引き出すのにお湯を使います。
沸騰した水(お湯)水とくらべれば、別物であることは簡単に想像がつきます。

だからといって、ホットコーヒーが無いわけではありません。
アイスコーヒ専用というわけではなく、水で抽出してから温めればいいだけですから。

水出しコーヒーを自分で入れることも可能です。
お手軽で簡単なやり方から、本格的な器具を用いるものまで
美味しく入れつコツなども紹介していきます。

なぜ水出しコーヒーは美味しいのか

好みもあるので、すべての人が美味しく感じるかは微妙なところですが。
基本的にサッパリした味わいが特徴になってきます。

熱湯でドリップすると、一般的に水でコーヒーの成分を抽出するのに
コーヒー豆の 雑味成分も多く抽出されます。
(それが複雑な味になったりもするのですが)

苦味や渋味がないので、スッキリ飲みやすいということが特徴になります。
甘みも感じやすいです。

酸味や渋みなどを好む人にとっては、なんだか物足らないという印象を受けるかもしれません。

簡単な水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒーは、独特の器具がなければ作れないかというと
全くそんなことはありません。

味はともかく、やり方は簡単です。
コーヒー豆を、水の中へ入れてコーヒー成分が出てくるのをじっと待つ

あとは、コーヒ豆を取り除けばいいわけです。
そのやり方として
・予め粉を袋などに入れておくか
・あとからフィルターで濾すか

厳密に見れば、上の動画のように
水のポットの中に直接入れたほうが、たくさんの水とコーヒー豆が触れますから
コーヒーは出やすくはなるでしょう。

予め、ティーパックに入れて水の中へ沈めてもあまり変わらないと思います。
(袋の中にコーヒー豆をにギューギューに詰めるのはあまり良くないと思いますが・・・)

水出しコーヒー専用のポットもあります

簡単に水出しコーヒーを作るためのポットもあります。
ストレーナーごと水の中に沈める感じですね。

手間なく作りたいひとには、非常に便利だと思います。

専用の器具を使って水出しコーヒーを淹れる

趣味でコーヒーを淹れるのであれば、待つ時間も楽しいもの。
専用のドリッパーを使います。
抽出には時間と手間がかかりますが、それも嬉しい瞬間。

ドリッパーぽとぽとと落ちる水滴
2時間から3時間程度かかります。

雰囲気も出ますから、珈琲の味わいをより引き立ててくれますね。
業務用ですが、やっぱり本格的な感じ・・・
それがいいんです。

趣味には多少のムダなどがあるのが、ゆとりがあっていいです。
器具をうまく扱って、美味しいコーヒーが入れられたら最高です。

より美味しく水出しコーヒーを淹れるためには

コーヒーを淹れる時に絶対に必要なものがあります。
コーヒー豆
これらがあって、どうやってコーヒーの美味しいところを抽出するかですね。

水出しコーヒーは、どんなコーヒ豆でも作ることはできます
しかし、この方法に合ったコーヒー豆はあるといっていいでしょう。

もともと水出しコーヒーの方法が考えたれたのが
ロブスタ種のくさみを消すためだからです。
このロブスタ種は苦味が強く、通常はアラビカ種とブレンドされます。
(アラビカ種が主役です)

ただロブスタ100%はなかなか口にあう人はいないでしょう。
コーヒーの風味などは、アラビカ種の方が好まれると思われます。

水出しコーヒーに使うコーヒー豆の場合、抽出に時間をかけるので酸味が出やすくなります。
ですから深入り焙煎したコーヒ豆のほうが適しています。

粉の挽き方は、細挽きにしてください。
これもコーヒーを抽出しやすくするためです。

水出しコーヒー用で、豆を挽いたものも売っているので、
オリジナルを求める前にそれで試してみてもいいですね。

水でも味が変わる

水に関しては、どこまでこだわるかということですが、水道水であれば
一旦沸騰っさせてカルキ飛ばしは最低限行いたいです。

家庭用の浄水器を通したものでもいいでしょう。
水出しの場合、水道水をそのまま使えてしまいますが

硬水にするか軟水にするか
このあたりは、お好みしだいです。

日本の水は基本的に軟水です。
マグネシウムやカルシウムなどのイオンの量が少ない水です。

ヨーロッパなどでは、主に硬水です。

ミネラルウォータを使う場合は、表示を見てコーヒーの味の違いを感じて見てください。

一般的?には、軟水のほうがコーヒー豆の旨味や風味が出やすいと言われます。
邪魔するものが少ないので、ストレートに味が出てくるのでしょう。
硬水だと、まろやかで滑らかさが出てきます。

タグ

2013年5月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:グルメ・食品

五大健康食品 人気で話題の食品

世界で認められた五大健康食品があります。

サプリメントもいいですが、やはりできるだけ自然なものから
しっかり栄養をとって健康でありたいものですね。

では早速ですが五大健康食品 見てみましょう。

(1)日本の大豆
(2)ギリシャのヨーグルト
(3)韓国のキムチ
(4)スペインのオリーブオイル
(5)インドのレンズ豆

この中で一番想像がつかないのは
インドのレンズ豆ですね。
日本人には馴染みがないですね。
カレーの具とかなどにして食べるのかなと勝手に想像しちゃいます。

日本の大豆は、納豆をベースに考えているのだと思います。
もちろん大豆自体も、良質なタンパク源ですがより健康寄与するものと考えれば。

もっと世界5大健康食品を個別に見て行きましょう。

日本の大豆

日本のと言っても、最近は殆どが輸入に頼っている大豆です。
なので、大豆といっても、たぶん納豆を指していると思われますが
両方見ておきましょう。

【大豆】
畑の肉とも言われる良質なタンパク源。

大豆で期待できる健康効果は

・高血圧予防
・骨粗しょう症予防
・コレステロール低下

レクチンによるガン予防

大豆の持つ栄養分(上から多い順番です。)
・タンパク質
・カリウム
・カルシウム
・鉄
・ビタミンB1
・食物繊維

カリウムが塩分(ナトリウム)を体外へ排出させる働きがあり。
女性ホルモンに似た、イソフラボンの作用でカルシウムの減少を予防できます。

【納豆】
納豆になると、発酵食品となってきますね。
より健康に対する効果が期待出来ます。
国産の大豆を用いているというものも多いです。

納豆で期待できる健康効果

・肥満予防
・便秘解消
・動脈硬化予防

栄養分として
ビタミンB2が加わってきます

醗酵することで、
タンパク質分解酵素や脂肪分解酵素が作られ消化吸収を助けます。

ビタミンB2も脂質の代謝を促進 肥満予防 粘膜の維持にも役立ちます。

あの糸引き ネバネバ成分で便秘解消
さらにナットウキナーゼが身体の中に出来た血栓を溶かすのです。

韓国のキムチ

韓国のキムチは、日本でも完全にお馴染みの食品となりました。
乳酸菌などを豊富に含んだ発酵食品になっています。

ただ気をつけたいのは(健康の効果を期待するという意味で)、
キムチの浅漬け的なものもありますが、それらは発酵させていませんから
なんちゃってキムチになります。
美味しいですけどね。

韓国では、もともと冬の間の野菜の保存食として始まっていて
野菜の塩漬け:沈菜(チムチェ)だったそうです。

そこから発展して、唐辛子などが加わり発音も変わり、キムチが現在の完成形になりました。

キムチの期待できる健康効果

キムチは白菜などの野菜が中心の材料なので、まずは低カロリーであることがいいですね。
とうぜんながら食物繊維が豊富
合わせて乳酸菌の効果で腸の働きを助けてくれます。

糖分やコレステロールを下げる効果が見込めます。
・糖尿病
・心臓疾患
・肥満防止
いわゆる生活習慣病の予防につながります。

【健康に効いている成分・栄養分】

カプサイシン :消化作用を助ける
ビタミンA,C :老化防止
スコルジニン :スタミナ増進
アリシン  :生理代謝の活性化
ジンジョロル :血液循環を改善

ギリシャのヨーグルト

ギリシャのヨーグルトは、まだこれから日本ではメジャーになっていく段階かとおもいます。
日本の大手食品メーカーがヨーグルト製品として発売するものが出て来ました。
欧米では健康食品としておなじみです。

ギリシャのヨーグルトは大変歴史があります。
非常に濃厚な感じです。

何故そのような特徴になるかというと
ギリシャのヨーグルトにあって
他のヨーグルトにはない工程が入るからです

ギリシャのヨーグルトで期待できる健康効果

ヨーグルトですから、基本的にはヨーグルトの効果です。
腸の調子を整えてくれる。

・下痢の予防
・便秘予防
・整腸作用
・免疫力UP
・肥満予防
・むくみ予防

こんなところでしょうか。

健康に効いている成分・栄養分

これはもうもちろん乳酸菌ですね。
言うまでもないくらい。

そして、良質なタンパク質が通常のヨーグルトより多い。
大体2倍
他のヨーグルトにはない
水切りいうものを行い、乳清を除いています。

なので低脂肪分でもあります。
低カロリーです。
このタンパク質が健康効果のもと。

栄養分としては、牛乳とほぼ同じ
タンパク質
カルシウム

ギリシャでは、ほぼ主食の扱いで、
冷たいものでも温かいものでも ギリシャヨーグルトを載せて食べます。

スペインのオリーブオイル

オリーブオイルも健康な脂としてよく知られていますね。
スペインは世界の中で、オリーブオイルの生産量が一番多いです。
オリーブの木は、人の数より多いというのは事実のようです。

それもそのはず、世界のオリーブ畑の1/3があるということですから。

品質の良さにも気を配られており、政府が基準を設けてしっかり管理しています。

オリーブオイルで期待できる健康効果

・老化防止作用
・整腸作用
・悪玉コレステロールの減少

またオリーブオイル単体ではないですが
料理に用いることで

野菜のビタミンの吸収を助けるとか
料理の時の食材の酸化を防ぐことも。

それから風邪などをひいた時の
解熱 鎮痛 効果も検証されています。
(ただし、エキストラバージン オイル)
スペインでの 生活の知恵的なものですね。

【健康に効いている成分・栄養分】
オリーブオイルは、オリーブの実のフレッシュジュース。
不飽和脂肪酸を豊富に含みます。
いわゆるオレイン酸 サラサラ脂ですね。

カロリーはスプーン1 杯で9kcal
油には違いありませんから、摂り過ぎには注意。

インドのレンズ豆

日本では馴染みがないですね。
やっぱり日本では、大豆ですから入り込む隙がなかったのかもしれません。

人間が古来から栽培してきた植物としても知られています。
形が望遠鏡などに使われる凸型レンズに似ているからレンズ豆と思われがちですが、
実は逆です、レンズ豆に形が似ているから、レンズと呼ばれるようになったそうです。

短時間で煮えるので料理にも使いやすです。

レンズ豆で期待できる健康効果

大豆同様、良質なタンパク質が豊富な食材です。
その他にも健康に良い成分がたくさん含まれます。

・免疫力UP
・高血圧の予防
・貧血予防
・ガン予防
・疲労回復

【健康に効いてくる成分・栄養分】

・タンパク質(レクチン含む)
・カリウム
・鉄
・ビタミンE
・ビタミンB1

レクチンは細胞膜と結びつき、細胞の働きを活性化させます。
食物繊維も含むので、整腸作用も期待出来ます。

これら五代健康食品の食材は、健康に大きく寄与してくれることは間違いありません。
ただ、それだけを食べていれば健康というものではないです。

やはり、バランスよく食べることが大切です。

日々の食生活に、上手く取り入れて見てはいかがでしょう。

タグ

コーヒーの効果・効能に 糖尿病予防があるかも

コーヒー ちょっとした息抜きのタイミング や 眠気覚まし人それぞれ いろんな目的でコーヒーを飲むと思います。coffee

人間とコーヒーの関わりは長いのですが、
今の形でコーヒーを飲むようになったのは

13世紀頃からと言われています。

飲み過ぎはいけませんが、適度に飲むのであれば健康にいろいろ良いことがあることが分かっています。

コーヒーは美味しく淹れましょう。

コーヒーの効果・効能 それとも害?

いろいろ言われているので、一口に言ってまとめるのは難しいのですが
コーヒーにはカフェイン、ポリフェノール等々 カラダによさそうな成分が入っています

しかし、カフェインには功罪両方言われています。

よく知られているのは、神経の興奮を促し、眠気を覚ましてくれる作用。
よる寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなるのは、このためです。

しかし、軽微ですが中毒症状があります
毒ですから、一気に大量に摂取すれば、致死量に至る場合も
(意図しない限り、ありえませんが)

さらに、コーヒーを沢山飲むと、胃が荒れます。
一方で、カフェインが偏頭痛の治療に使われたり、

血圧を正常な状態にする
心臓疾患に良い(善玉コレステロールを増やす)
パーキンソン病を防ぐ
などもあると言われています。
全てがちゃんと証明されているわけではないですが。

それに、カフェイン以外の有効成分があります。
美肌効果として、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類

その他、抗酸化作用のあるもが複数含まれていて、
肌の老化を抑えてくれる作用も期待できるのです。

香りも含めて、リラックス効果が得られるということもあります。

コーヒーで糖尿病を予防

このような効果もあるのではないかと、コーヒーが注目を集めています。
どうやら、この作用を持っているのはコヒーのある成分+カフェインで非常に効果が上がる可能性を持っているそうです。

コヒーの成分が、血糖値を正常範囲へ保つ働きがあることが見出されています。

これに加えて、カフェインのカラダを活性化して、新陳代謝を促し消費カロリーをUPさせる作用。

これらの効果が合わされると、糖尿病の予防に対して効果が見込める。

 

ただし、やはり砂糖とミルクをいっぱい、入れてしかコーヒーが飲めないということであれば、逆効果になる可能性もあります。

ブラックが、基本でしょう。

缶コーヒーは要注意

缶コーヒーなんかは特に注意で、缶に書いてある成分を見てみて下さい。
砂糖が一番に来ているのは、一番成分として多く入っているということです。
結構多いですよ、そのような缶コーヒー。

一日に何本も飲むと、思わぬ沢山の糖分摂っていることになるかもしれません。

 

結論としては、何事も程々に!ということです。
飲み過ぎは、カフェインの悪い面が影響する可能性も。

コーヒーは、極力ブラックで飲む。
そうすれば、コーヒーの健康に良い面をかなり活かすことが出来ると思います。

 

タグ

2013年2月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:グルメ・食品

このページの先頭へ