sponsered link

PAはUVA SPFはUVB 効果的な紫外線対策

UV(紫外線)ケアは、今や常識になってきました。hiyakedome

日焼けしている方が健康的に見えるということもあります。
紫外線の刺激によってビタミンDが作られるので
全く見かけだけということではないのです。
現在ではビタミンD不足になることはまずありません。

それよりも肌への悪影響があり、避けるべきものであるとされます。

UV(紫外線)による肌へのダメージは確実に積算していきます。
将来的なシミ シワの原因になります。

紫外線ケアのための、化粧品や日焼け止め

これらに付いている紫外線から守る度合いを示した数値
なんでも高ければいいというものではありません。

紫外線から守る力が大きいぶん、肌に値する負担が大きい傾向があります。

SPF20 とか PA++ 等の表示ですが、
これは日本化粧品工業連合会が取り決めた自主基準になります。

SPF,PA や UVA,UVBに関して、正しく理解して
TPOに合わせて使うものを選びたいです。

UVAとUVBの違いは?UV(紫外線)の光を3種類に区分け

紫外線は、科学的 というか 物理的には、波長で区分けされます
光は波の性質があり、その波の長さで表すことができます。

太陽の光に含まれる紫外線は、波長で380nmより小さなものを指します。
そしてさらに細かく分ける基準として

  • UVA:400~315 nm
  • UVB:315~280nm
  • UVC:280 nm より小さなところ

この中でUVCは地表には届かないので、今のところ考える必要はありません。
(※オゾン層で吸収されるのが、その理由です。
しかしオゾン層破壊が進むとこの先ずっと大丈夫なのかはわかりません)

UVAとUVBの違いというのは、物理的には波長の違いです。
肌への影響は、つぎに示します。

UVBにはSPF

UVBは、肌に対しては炎症を引き起こす作用があります。
日焼けした時に肌が赤くなるのはこのためです。

いわゆる サンバーン と言われるものです。
肌においては、表皮と言われる表層部分で止まります。

UVBをどの程度防ぐことができるのかを示す指標がSPF。
San Protection Factor の略で数値で表します。

例えば、SPF 20 であれば、UVBを1/20にするということを表します。

50が最高値で、それ以上の場合は50+と表します。

UVAにはPA

UVAの肌に対する影響は、肌を黒くする作用。
サンタンと言われます。

それに加えて、UVAは肌の奥まで届き
表皮の下の真皮まで届いてしまいます。
よりダメージとしては蓄積する可能性が高く、シワやタルミの原因になります。

PAは、Protection of uvA です。
4段階 + の数で表します。

+が多いほどUVAの遮断効果が高いです。
++++が現在の最高性能ということです。

こちらは、うまく数値化する事ができないので、
日焼けで黒くなりにくい程度で区分けされています。
ちょっと曖昧という感じは拭えません。

hadauv

状況に合わせたUV(紫外線)効果を選ぶ

UVを防ぐ数値ばかりが注目されがちですが
先にも書いた通り、

UVを防ぐ能力が高いほど、肌に対する負担が大きいです。
いつもSPFやPAの大きなものを使うのは考えものです。

大体の目安ですが

日常生活であれば
SPF20 PA++くらいまでで十分。

SPF50,PA++++などは、紫外線が非常に強いリゾート地
海や山などの屋外で活動する場合に使う。

それよりも、汗で落ちた場合にこまめに塗り直すことが重要です。

uvmeyasu

肌との相性で、かぶれなども、出る場合もありますので
特に敏感肌などの人は
いきなり最初からたくさん塗るのではなくて少し試してからにしてください。

日焼け止めだけでなく、帽子や日傘などもしっかり活用してください。

 


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

sponsered link

タグ

2013年6月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:美容

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ